シゴトイズム

シゴトイズム

スポンサードリンク



仕事が合わないと感じた時のポジティブな3つの考え方

@合わないと感じる本当の理由を探してみる

「表面的な待遇や条件に不満があるのか?将来性やキャリアビジョンに不満があるのか?職場の人間関係に問題があるのか?根本的に仕事が向いていないのか?」一言で仕事が合わないといっても、その根底には様々な理由が隠されています。

この理由を見つけることで、いくらでも対処法は見つかるのです。表面的な待遇や条件に不満がある場合は、仕事を辞めない方が良いでしょう。なぜなら、転職をすればするほど大半の人は、待遇や条件が悪くなっていくからです。

職場の人間関係に問題がある方も同じです。転職しても、職場の人間関係の問題が解決する確率は低いでしょう。なぜなら、どこの職場に転職しても、相性が合わない同僚や上司なんていくらでもいるからです。相性が悪い人とも、程よい距離をとって協調性を持ち仕事をするスキルを身につけなければ、どこの会社でも長く働き続けることはできないでしょう。

将来的なキャリアビジョンや根本的に仕事が向いていないような場合は、転職するのも1つの有効な方法だと思います。転職せずに、今の会社で部署を変えてもらったりするという手段もありますが、まず、そのような要望は通らないでしょう。

ですので、転職できる年齢のうちに転職した方が良い場合もあります。ただし、転職するためには、それなりのキャリアやスキルが必要となるので、転職できるレベルのキャリアやスキルが身に付くまでは、合わないと感じる仕事でも続ける必要があると言えるでしょう。このように仕事が合わないと感じる本当の理由をすることで、いくらでも行動を起こすことができるのです。


スポンサードリンク



A転職するメリットとデメリットを理解する

短絡的に仕事が合わないから辞めようと決断してはなりません。後悔してしまう可能性が高いからです。まずは、先述した通り、合わないと感じる理由を明確にして、それが転職することで解決できる理由なのか?考えてみましょう。

その上で、転職するメリットとデメリットを具体的に挙げていきましょう。ヘッドハンティングのような転職でもない限り、給料や待遇は悪くなってしまうことが多いでしょう。また、新しい職場の人間関係で問題が起こる可能性も高いでしょう。さらには、転職してみたらブラック企業だった・・・なんて危険性もゼロではないのです。

働いてみないと分からないことも多いので、転職はある意味で、賭けでもあるのです。また、未経験の業界でも、同業界でも、転職したことで、1度、今までのキャリアを捨てることになるので、1からのスタートをきらなければいけないというデメリットもあります。こう考えると転職はデメリットばかりに思えてしまいますね?

実際、デメリットの方が多いと言えるでしょう。しかし、状況によっては、すぐにでも転職した方が良い場合もあります。それは、今の仕事でストレスが限界に達し、精神的な負担が大きくなっている場合です。精神的な負担が限界を超えれば、うつ病になってしまうかもしれません。

そうなれば仕事もできなくなってしまうことでしょう。そのような場合は、理由に関係なく、すぐに仕事を辞めて休養をとった後で、転職活動を始めることです。会社はうつ病になったあなたを守ってくれませんからね。自分を守れるのは自分だけということです。会社に潰される前に辞めて転職するというのも賢明な判断と言えるのです。


スポンサードリンク



B常に楽しい、やりがいのある仕事なんて存在しません。

仕事が合わないから会社を辞めよう、転職しようと既に決断している人に、最後のアドバイスをするとしたら、常に楽しくて、やりがいを感じられる仕事なんて、この世に存在しないということです。仕事が合わない、転職したいと考える人は、「自分にはもっと毎日が楽しくて、やりがいが持てる天職があるのでは?」と期待してしまうのです。

同級生や先輩の仕事の話を聞くと、みんな楽しそうで、やりがいを持っているのに、なぜ、自分はこんなにつまらない仕事なんだ・・・と思ってしまうのです。しかし、それは、隣の芝生は青く見えるだけの話なのです。ランチで人が食べているメニューの方が美味しそうに見えるのと同じです。

実際に、転職して仕事をしてみたら、前の仕事と変わらず、退屈や不満な部分が必ず出てきてしまうのです。どんなに憧れの仕事でも、常に楽しくて、やりたいがあるなんてことはありえないのです。むしろ、辛くて苦しい場面の方が多いのです。そのことを理解していない限り、いつになっても何回転職しても、求めている仕事に出会えることはないのです。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る