仕事で安定性を重視するなら公務員が一番|大企業や優良企業は安定性がない?|社会人になっても公務員になれる?

仕事で安定性を重視するなら公務員が一番|大企業や優良企業は安定性がない?|社会人になっても公務員になれる?

スポンサードリンク



仕事で安定性を重視するなら公務員が一番

公務員

仕事に安定性を求めるなら公務員が一番です

仕事に安定性を求めるなら公務員試験の勉強をして公務員として働くのが一番でしょう。公務員なら逮捕されるようなことがない限り、解雇されませんので、一生、安定性を重視して仕事をすることができるでしょう。

給料も年収も高くはないですが、福利厚生が手厚いので、老後の年金や保険関係や手当なども充実しています。仕事内容はマイナス思考で見ると、退屈でルーチンな感じですが、プラス思考で見れば、楽で誰にでもできる簡単な仕事と思えるでしょう。

退屈でルーチンなのが嫌だと思う方も、その人の仕事のやり方1つで改善できると思います。なぜなら、公務員の仕事でも、真剣に課題や目標を持ってやれば、十分にやりがいや情熱を持つことができるからです。これは、公務員の仕事に限らず、どんな仕事でも会社でも同じだと思います。


スポンサードリンク



大企業や優良企業では仕事の安定性を求めることはできない時代?

もはや、どれだけ大企業でも優良企業でも、いつ倒産するか分からない時代です。一昔前の年功序列制度も終身雇用制度も今ではありえない制度となってしまいました。それどころか、大企業や優良企業の中には、社員を使い捨てるブラック企業まで増えているのです。

こんな時代に、大企業や優良企業に安定性を求めても、それは無理な話なのです。企業規模が大きければ大きいほど、数千数万人規模の社員を雇用しています。つまり、その分、膨大な人件費がかかっているということです。

経営が傾けはいっきに給料が払えなくなり倒産してしまうのも早いということです。要するに、一昔前のように大企業や優良企業に仕事の安定性を求めるのは危険な考え方だと言えるのです。それなのに、社会を知らない馬鹿な親や大学の就職相談センターやハローワークの職員は、「とりあえず大企業に就職しておけば大丈夫!」などと無責任なアドバイスをしてしまうのです。

社会経験のない若者は、その言葉を信じるしかないのです。そして、就職した後に辛い思いをすることになるのです。絶対的な安定性を求めるなら、100%ブラック企業を避けたいなら、やはり公務員になるのがベストな道という結論に至るのです。


スポンサードリンク



社会人になってからでも公務員になる道は残されていますよ!

「仕事に安定性を重視したいから、公務員になりたいけど、既に社会人になってしまったから無理・・・」と諦めてしまう方も多いようです。さすがに40代や50代になってしまったら、公務員になる道は絶たれてしまいます。

しかし、20代はもちろん、30代前半くらいまでなら、公務員になれる可能性は十分にあるのです。まず、20代前半なら、1度は社会人として就職していても、公務員試験に合格されすれば、いつでも公務員に転職することができます。

年齢制限も問題ありません。20代後半になると、ある程度、公務員としての道が狭くなりますが、社会人枠があるので、そのチャンスを狙って公務員試験に受かれば可能性は十分にあります。30代を過ぎても諦めることはありません。

都心では無理でも、地方の公務員なら不定期ではありますが、30代でも公務員を募集している場合があるのです。つまり、30代前半までは、ギリギリ、公務員になれるチャンスは残されているということです。

今の仕事を辞めないで公務員の勉強を両立させましょう

「なんだ!20代後半でも30代でも公務員になれるのか!!」と思い、先に会社を辞めてしまう人も多いですが、それは危険行為なのでやめましょう。確かに、20代後半を過ぎても公務員になれるチャンスはあります。

しかし、公務員試験を受ける資格が得られるだけの話で、受かるかどうかは別の話です。もし、会社を辞めてしまい、公務員試験に受からなければ無職になってしまうのです。公務員試験に落ちたからもとの会社に戻りたいと言っても、取り返しがつかないのです。

そんなことにならないためにも、今の仕事を辞めることなく、続けながらあいている時間をつかって公務員試験の勉強をしましょう。仕事の後に勉強をするのは大変な苦労ですが、社会人になってから公務員を目指すというのは、それだけハードルが高いということです。

もし、1人暮らしで今の仕事と公務員試験の勉強を両立させるのが辛いなら、実家に戻ってみても良いのではないでしょうか?実家に戻って洗濯や掃除など家事の負担や金銭的な負担も軽くなれば、それだけ勉強に専念することができるのです。

万が一、公務員試験に何年も連続で落ち続けて、公務員になることを諦めたとしても、会社を辞めていなければ、無職になる心配はないのです。頼る親も実家もなく、自分の稼ぎだけで生活をしている方なら、尚更、今の会社を辞めてはいけません。

公務員になれなかった時に、再度、転職活動をしても、前よりも良い条件で安定性の高い仕事を見つけるのは難しいですからね。正社員として働くことができ、福利厚生を受けられるだけでも、安定性が高いと思った方が良いでしょう。

そういった意味でも、会社を辞めずに公務員試験にトライしてみましょう。受かってしまえば、こっちのものです!ただし、公務員試験の勉強をしていることが絶対に会社にバレないようにしておきましょう。信用できる同僚でも言い触らされてしまう可能性があるので要注意です。会社にいづらくなりますからね。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る