仕事に安定感を持たせる3つの方法|課題は目標は達成できる範囲で|辛いのは自分だけじゃない!

仕事に安定感を持たせる3つの方法|課題は目標は達成できる範囲で|辛いのは自分だけじゃない!

スポンサードリンク



仕事に安定感を持たせる3つの方法

1、課題は目標は達成することができる範囲で設定する

仕事をする上で課題や目標を設定することが大切なことですが、達成することが不可能な高い課題や目標を設定してしまうと自分で自分の首を絞めることになってしまいます。仕事の安定感を持たせたいなら、無理のない課題や目標を設定することです。

しかしながら、どこまでが達成可能な課題や目標なのか?自分では分からないこともあると思います。特に、仕事経験が浅い若い社員なら、達成不可能な無理のある課題や目標を立ててしまうことが多いのです。

そんな時こそ、普段はウザい上司に相談してみましょう(笑)直属の上司は常にあなたのことを観察し、評価しています。だから、あなたの能力がどれくらいなのか?把握しているのです。能力を把握しているから、どれくらいの課題や目標なら無理なく達成することができるのか?具体的なアドバイスをくれるのです。

こんな時にこそ上司を利用するべきなのです。直属の上司から課題や目標を設定してもらえば、達成するやりがいもできるし、達成できたら上司からの評価も高めることができるでしょう。もしかしたら、それが昇進につながるかもしれませんよ!

無理のない課題や目標を掲げることで、仕事が楽しくなるので、安定感や余裕が持てるようになります。仕事に余裕が持てるようになると、自分の仕事だけでなくまわりのことも見えてきて視野が広くなるので、仕事のミスもなくなるし、他の社員に対する配慮もできるようになるので、ヒューマンスキルもアップさせることができるのです。

達成不可能なノルマのような課題や目標を立てて、自分を追い詰めるようなことをしても、余裕が持てなくなり、逆に仕事でミスってしまうのです。また、まわりの社員からも嫌われてしまうかもしれません。課題や目標は高ければ良いというのは間違いなので、達成可能な無理のない課題や目標を立てるようにしましょう。


スポンサードリンク



2、自分だけが悩み、迷い、苦しんでいるわけではないと認識する

正直、優良企業や人気企業に就職した人でも、運よくやりたい仕事をやらせてもらっている人でも仕事は楽しいことよりも、辛くて、苦しくて、逃げたくなるようなことがたくさんあります。仕事から逃げることはできないので悩み、迷い、苦しみ続けることになるのです。

そうなると、なぜ自分だけがこんなに辛いのか?もしかしてブラック企業を選んでしまったのか?・・・など悲劇のヒロインになったように落ち込んでしまうものです。そんな時は、同じ会社の先輩や同僚や、同級生や友達などに相談してみましょう。

仕事に対する辛さや苦しさを相談してみることで、先輩や同僚や友達も、同じように苦しみ、迷い、時には逃げ出したくなる気持ちを抑えながらも石にかじりつくような気持ちで、仕事を乗りこえてきたのです。案外、笑顔で仕事をしている人に限って、影では血のにじむような努力をしているものです。

先輩や上司に相談してみると、過去に何度も同じような苦しみを経験してきて、それを乗り越える術も知っているので、良いアドバイスをもらえることでしょう。仕事の先輩方が口をそろえて言う言葉は「仕事から逃げなければ、いつまでも辛さや苦しみは続かない」というものです。

私は上司や先輩から、この言葉を聞いて、ずいぶんと気持ちが楽になりました。その後、2年ほど辛くて苦しい仕事から逃げずに精進しましたが、本当に、今では辛さや苦しみが少なくなりました。すべての悩みや問題が解消しているわけではないですが、仕事から逃げたいと思うことはなくなりました。

まさに上司や先輩が言っていた通りだと思います。私の場合は2年でしたが、苦しみや辛さから解放される時期は、その人によっても、努力によっても、運によっても変わってくると思います。ただし、1つだけ言えることは、無限地獄のようにいつまでも辛さや苦しみが続くことなどありえないということです。

ただし、もし就職した会社がブラック企業なら、辛さや苦しみは半永久的に続いてしまうかもしれません。そこはブラックじゃないか?見極める必要があると思います。ブラック企業じゃないなら、仕事から絶対に逃げずに踏ん張って、乗り切ることです。

先のことは考えないで良いので、目の前にある自分のやるべき仕事のことだけを考えましょう。これが仕事に安定感を持たせて、辛さや苦しみを乗り越える秘訣です。


スポンサードリンク



3、人が嫌がる仕事でもスキルアップのために積極的にやってみる

仕事に安定感が持てないのは、自分に自信が持てないからです。一生懸命仕事に取り組みスキルを磨いてきた人は、自分に絶対的な自信を持っているので、余裕が出てくるのです。その余裕が安定感につながるのです。

絶対的な自信を持つためには、下手な資格の勉強をするよりも、実務経験を増やすことが重要です。しかも、人が嫌がるようなハードルの高い仕事を自ら選び、積極的にチャレンジしてみることが肝心です。誰でもできるような仕事をやっていても、それなりのスキルアップしか実現できません。

短期間で、スキルアップしたいなら、他の社員が嫌がるような責任の重い難解な仕事を積極的に挑戦してみるのです。ハードルが高い仕事はリスクも大きいし、失敗することもあるでしょう。しかし、最後までやり遂げた時、自分でも信じられないほどの成長を遂げているのです。

例えば、1年しかキャリアがない人でも、その1年の中に人が嫌がるようなハードルの高い仕事をいくつもこなしているなら、キャリアが3年や5年ある人よりも、転職をする時の評価は高くなるのです。もはや勤続年数の長さではなく、どんな実務経験をして、転職後に何ができるのか?

具体的にどんな成果を出せるのかが、転職をする上での最重要視される項目となるので、そういった意味でも、ハードルの高い仕事を経験しておく価値はあるのです。もちろん転職しない場合でも、あえて難解な仕事を選ぶことで、上司からの評価が高くなり、昇進につながるのです。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る