旦那の仕事が安定しない|無謀な独立開業を阻止する方法|離婚します・・・心中します・・・

旦那の仕事が安定しない|無謀な独立開業を阻止する方法|離婚します・・・心中します・・・

スポンサードリンク



旦那の仕事が安定しない|無謀な独立開業を阻止する方法

無謀な独立開業は絶対に反対!離婚すると旦那を脅すのもアリ!?

「旦那の仕事が安定しない・・・収入も不安定で短期間で転職を繰り返している・・・」という悩みを抱えている奥様も多いようです。もともと仕事が安定しない旦那さんは、サラリーマンに向いていないのか?人間関係が苦手なのか?原因は様々ですが、甲斐性なしでは家庭を養うことも守ることもできません。

困ったものです。仕事は甘くはないので、我慢や忍耐が絶対に必要ですが、仕事が安定せず続かない旦那さんは、そういった部分の忍耐力が足りないのかもしれません。

就職先がブラック企業で、働き続けたら精神的にも肉体的にも危険!?というやむを得ない理由があるなら、仕事をすぐに辞めるべきだと思いますが、そのような理由もないのに、仕事を辞めてコロコロと転職して、挙句の果てには、スキルも経験もないのに独立開業したいと言い出すのです。

もし、あなたの旦那さんがサラリーマンを続けるのが嫌で、無謀な独立開業をすると言い出した時は、絶対に全力で反対しましょう。なぜなら、絶対に失敗して借金まみれになり家庭が崩壊してしまうからです。もし、全力で反対しても旦那さんが独立開業を強行するなら、「離婚します!実家に帰らせてもらいます!」と脅しをかけてみましょう。

たいていの旦那さんは、「離婚」という言葉には弱いので、独立開業を諦めてくれることでしょう。離婚という言葉を出しても、借金をして独立開業をするなら、本当に離婚してから勝手にやって!と言いましょう。無謀な独立開業に巻き込まれ、絶対に連帯保証人になってはいけません。子供がいるなら、尚更、旦那さんと離婚してシングルマザーで子供を養っていきましょう。

経験もスキルもない人が成功するほどビジネスの世界は甘くないからです。子供のためにも、できれば離婚は避けた方が良いので、旦那さんの両親に相談したり、親同士を交えたりして話し合えば、家族全員で旦那さんをとめてくれることでしょう。そうすれば、さすがに旦那さんも現実が見えて諦めてくれることでしょう。


スポンサードリンク



子供を道連れに心中します・・・という脅しをかけるのも効果的

どうしても無謀な独立開業を諦めないと旦那さんが聞く耳を持たず、ごり押ししてきたら、最も効果的な脅しをかけましょう。離婚よりも何十倍も効果的な方法です。ちょっと過激ですが効果は絶大です。旦那さんがいない時にテーブルの上に「借金をして無謀な独立開業をして不幸になるくらいなら、子供を道連れに心中します・・・」という手紙を置いて実家に帰りましょう。

聞く耳を持たず、自己破産することが目に見えている無謀な独立開業に突き進んでいる旦那さんでも、こんな手紙を残して大切な子供まで連れていかれたら、顔が青ざめてしまうことでしょう。ちょっと乱暴でルール違反なやり方かもしれませんが、家庭崩壊のリスクもかえりみず、借金までして無謀な独立開業をする旦那さんをとめるためには、ここまでやるしかないのです。

これでも独立起業をするというなら、借金地獄の巻き沿いにされないためにも、子供を連れて離婚するべきです。子供にとっても離婚するのは可哀想なことですが、失敗することが目に見えている独立開業に付き合わされて借金とりに追われるような生活をさせるよりは何百倍もマシなのです。

とりあえずは実家に戻り、旦那さんの様子を見てみると良いでしょう。1人になってみて、ようやく冷静になり、無謀だった・・・と気付いてくれるケースも多いからです。まぁ、そういった意味では最後の最後まで離婚届はとりに行かない方が良いでしょう。感情的になっていると、勢いでお互いサインしてしまうこともありますからね。

できることなら離婚なんてしないで、旦那さんが考え直して、再就職してくれるのがベストなのですから!


スポンサードリンク



連帯保証人になったり、旦那さんに通帳を渡してはいけない理由

旦那さんを愛しているなら、無謀な独立開業でも応援したい!その気持ちは分かります。しかし、絶対に旦那さんに通帳を渡してはダメです。全力で反対しても独立起業をやめないなら、せめて、借金なしで、奥さんの貯金にも手を付けずにやるべきだからです。それもできずに人の貯金で独立しようなどと考えている時点で、失敗しているようなものです。

旦那さんは成功することしか見えていないのでしょう。しかし、素人が経験もなしに独立をして生活していくだけの安定した収入を得ることは、本当に難しいことなのです。最初は運よく当たって稼げたとしても、仕事を起動にのせて安定させるのは至難の業なのです。

独立開業のために借金をすることもあるでしょう。しかし、連帯保証人には絶対にならないでください。連帯保証人になって、旦那さんが独立開業に失敗して、多額の借金が残り、旦那さんが逃げてしまえば、子供も抱えながら奥様が借金を返済していかなければならないのです。旦那さんを愛しているなら、なんとしてでも独立開業を阻止するべきです。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る