安定性のある仕事ランキング【女性編】1位 弁護士、医師2位 看護師、薬剤師3位 ケアマネージャー、保育士

安定性のある仕事ランキング【女性編】1位 弁護士、医師2位 看護師、薬剤師3位 ケアマネージャー、保育士

スポンサードリンク



安定性のある仕事ランキング【女性編】

1位 弁護士、医師、CA、大学教授、記者

女性か男性かに関係なく、どの仕事も年収600万円から1000万円以上稼ぐことができるので、人気、年収ともにナンバー1と言えるでしょう。どれも多くの女性が憧れを持つ仕事です。しかしながら、どの女性も憧れを現実にできるわけではなく、夢を叶えることができるのは、ほんの一握りという厳しさがあります。

特に、CAや大学教授や記者は、採用される枠もわずかだし、運もあるので、自分の頑張り次第ではどうにもならない部分があります。その点、弁護士や医師は、死ぬ気になって勉強をして、学費も親になんとかしてもらうか、奨学金を利用するかで、なろうと思えばなれる職業です。

弁護士も医師も年収1000万円を超える収入を得ることができますが、その分、責任も重大なので、そういった厳しい面も理解してから目指した方が良いでしょう。


スポンサードリンク



2位 看護師、薬剤師、建築士

医師や弁護士よりは現実的ですが、それでも簡単には取得できない資格ですね?特に、屋と建築士の難易度は高いと思います。薬剤師は6年制の大学を卒業して、さらに国家試験に受からないとなれません。建築士も同様にかなり難易度の高い試験を突破する必要があります。

それと比較して、看護師は専門学校を卒業すれば案外簡単になれるし、どこの病院でも需要がある仕事なので、一生安泰の資格と言えるでしょう。看護師や薬剤師は女性が最も活躍できる業界と言えるでしょう。しかし、それだけに女性特有のイジメや人間関係がドロドロした部分もあるので、職場を選ぶ時は慎重に!です。

また、看護師の場合で、病棟勤務をすることになれば、必ず、夜勤のシフトもこなさないといけないので、生活のリズムが乱れてしまいます。生活のリズムが乱れると、美容にも健康にもよろしくないし、最悪の場合、患者さんではなく自分が病気になってしまうことでしょう。

だから、看護師を結婚したら辞めてしまう人が多いのです。患者さんのために役立ちたい!命を助けたい!という使命感がないとできない仕事だと思います。年収の高さにつられて、看護師になる人も多いですが、あまりに過酷な職場や仕事内容に耐えられず、辞めてしまう人も多いのです。

資格取得の勉強を始める前に、どんな仕事なのか?看護師の現場を見学させてもらいましょう。そうすれば、自分にできる仕事なのか?分かるはずです。気になる年収は、まちまちですが、薬剤師も看護師も建築士も500万円以上は稼げる資格です。

職場によっては、年収700万円から800万円以上も稼げる場合があります。特に薬剤師は稼げる資格として今後も有望視されています。やはり超超高齢化社会を迎える中、医療系の仕事は強いと言えるでしょう。需要があってこその資格ですからね。


スポンサードリンク



3位 ケアマネージャー、保育士、介護福祉士、作業療法士

3位は福祉、介護系が独占しています。年収は400万円から450万円といったところでしょう。福祉や介護系の業界も多くの女性が活躍しているので、女性ならではの器用で丁寧な特質を活かせる職場だと思います。しかしながら、福祉系や介護系の仕事は、今後も需要が拡大する業界なのに、国が予算を渋っているので、割に合わない年収かもしれません。

とにかく福祉も介護系も仕事がハードな割には、年収400万円台では割に合わない・・・というのが働いている人たちの生の声です。特に保育士の年収は300万円台が多く、サービス残業が土日のイベントで出勤なども多く、割に合わないという声が多いです。

福祉系や介護系の仕事は、本当に好きじゃないとやれない仕事だと思います。あと、女性でも体力や持久力が求められる仕事なので、体力に自信がない方は向いていないと思います。

4位 SE、プログラマー、ウェブデザイナー

一昔前なら1位を独占していたIT系のお仕事です。年収は極端に差があり、200万円後半から900万円と落差があります。200万円台で缶詰状態で働かされているSEがいる職場はブラック企業が多いという恐ろしい現実もあります。

SEはブラック企業が多いというのは、もはや常識となっていることでしょう。SEもプログラマーもウェブデザイナーも、とにかく何時間も椅子に座って目や肩や腰を酷使する作業となります。体力は使わないので、体力に自信がない女性にはおすすめですが、よほどパソコンでの細かい作業が好きじゃないと続かない仕事だと思います。

好きな人は、長時間労働をさせられても、苦じゃないと思えるでしょう。しかしながら、健康的な面を考えると、あまりよろしくないブラックな職場が多いので、もし目指すなら就職先には十分に注意するべきです。

大企業なら良いですが、下請けのそのまた下請けの企業になんて入社したら、本当に自宅に数日間も帰れないほどの仕事をさせられることになります。このようなブラックな背景があるから、4位に転落してしまったのでしょうね。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る