仕事で安定を重視するか?やりがいを重視するか?|キャリアビジョンを明確に!|30代既婚者がやりがいを重視してはいけない理由

仕事で安定を重視するか?やりがいを重視するか?|キャリアビジョンを明確に!|30代既婚者がやりがいを重視してはいけない理由

スポンサードリンク



仕事で安定を重視するか?やりがいを重視するか?

仕事で安定を重視するか?やりがいを重視するか?

仕事をする上で安定を重視するか?やりがいを重視するか?

仕事を続けていく上で安定性を重視するか?それとも、やりがいを重視するか?これは社会人にとって永遠のテーマだと思います。もちろん、どちらが正解とは言えません。その人によって価値観が異なるからです。最近の若い方は、やりがいよりも安定性を重視する方が人が多いみたいです。

このような時代ですから、やりがいよりも安定性の高い会社に就職したいと思う若者が多いのは分かる気がします。安定性があってこそのやりがいだと思います。いくら仕事にやりがいがあって面白いと思っても、給料や福利厚生が充実していなければ、将来的にも不安になってしまうし、結婚すらできないですからね。

そういった意味でも、やりがいよりも、まずは安定を優先させる人が多いのでしょう。さて、では、どうしたら就職や転職をする上で安定性を優先させることができるのでしょうか?重要なポイントは企業の将来性を見極める目を持つことです。

どの企業が倒産して、どの企業が世界的なシェアを持つか?そんなことは専門家でも分かりませんが、少なくとも、世界に通用するような売りがないな・・・くらいは経験が浅い若者でも気付けると思います。

これからはますます企業が生き残りをかけて競争社会になっていくので、日本はもちろん世界に通用するような技術やサービスや商品の質がなければ、生き残ることはできないでしょう。大手企業にこだわっている人も多いですが、大手だからといって安定性が高いとは言えないのです。

大手でも求められないようなサービスや商品に投資しているようなら、先は長くないでしょう。だったら、世界に通用するような技術や商品を持っている優良な中小企業の方が、よほど将来性もあり安定性も高いと言えるのです。


スポンサードリンク



安定とやりがい「二兎追うものは一兎も得ず」

どうせ就職や転職をするなら、「安定」と「やりがい」どちらも手に入れたいですよね?でも、そんなに都合の良い仕事は見つからないのが厳しい現実です。どうしても、安定性を重視すれば、やりがいに欠ける仕事になってしまうし、やりがいを重視すれば、安定性で不安が出てしまうのです。

どちらもバランスの良い企業のことを、本当の意味のホワイト企業と言えるのでしょう。しかし、安定とやりがいのバランスがとれているホワイト企業は、人気が集中しますので、採用できる人数にも限度があるので、希望しても採用されるのは難しいのです。

他の応募者にも勝てるような輝かしいキャリアやスキルがないと、人気の高いホワイト企業に転職するのは難しいでしょう。そうなると、やはり、安定かやりがい、どちらか一方を優先させるしか選択肢はないのです。

どちらも追いかけると、安定性も、やりがいもないブラック企業に入社してしまう危険性もあるので、くれぐれも欲張らないようにしましょう。あと、もう1つ大切なのは、就職や転職を最終的に決めるのは自己判断でしてください。

親や先輩や学校の先生などに勧められて就職や転職を決めてしまうと、必ず、途中で辞めたくなります。自分の選択なら我慢できても、人の選択だと、ちょっとでも嫌なことがあると、その人のせいにして、仕事から逃げてしまうケースが圧倒的に多いからです。


スポンサードリンク



将来のキャリアビジョンをリアルに考えてみましょう。

現役バリバリの社会人でも、就活生でも、将来のキャリアビジョンをリアルに時間をかけて考える人は意外に少ないのです。

「なるようになるさ!今ある仕事で手一杯!そんなこと考えている暇はない!お先真っ暗!」などなど、いろいろな境遇の方がいると思いますが、仕事で安定性を重視するか?やりがいを重視するか?迷っているなら、面倒でも時間を作って将来のキャリアビジョンをリアルに考えてみましょう。

簡単に言えば、5年後、10年後の自分は、どんなふうになっていたいのか?どのような成長をとげたら満足なのか?具体的に考えてみるのです。その答えが明確になれば、現時点で、安定性を重視させるべきなのか?安定を捨ててでも、やりがいを重視させるべきなのか?その答えも見えてくるのです。

この答えは、既婚者か?独身か?によっても変わってくると思います。独身で20代そこそこなら、安定を度外視しても、将来のために、やりがいを重視するのもアリだと思います。というか20代独身でしかできないことなら、やっておくべきでしょう。既婚者で家庭もあって30代を過ぎているなら、家族を道連れにして、やりがいを重視してはいけないと思います。

なぜなら、将来のキャリアビジョンよりも、家族を養い、住宅ローンを払い、教育費を貯蓄することを優先させるべきだからです。要するに、30代を過ぎて結婚して家庭も子供も持ってから、仕事で安定を重視すべきか?やりがいを重視すべきか?なんて考えるのはナンセンスということです。

逆に言えば、20代独身のうちに、何も考えずに仕事をするのではなく、自分が仕事に求めるものは、安定性なのか?やりがいなのか?ついでに、いつまでに結婚したいのか?もリアルに考えてみましょう。たいてい、20代でそういったことをしっかりと考えてきた人が、30代で満足度の高い人生を掴んでいるのです。

ノープランで遊び呆けてきた20代は、30代になってから仕事で苦労や後悔をするのです。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る