仕事の不安に勝つ方法|安定剤を飲んで無責任になる|うつ病を受け入れる|辛くなる前に逃げる

仕事の不安に勝つ方法|安定剤を飲んで無責任になる|うつ病を受け入れる|辛くなる前に逃げる

スポンサードリンク



仕事の不安に勝つ方法|安定剤を飲んで無責任になる

不安に勝つ

仕事中、不安になるなら安定剤を飲みましょう。

仕事が激務で完全なるオーバーワークが続くと、肉体的にも精神的にも不安定になってきます。それでも休養をとらずに激務を続けてしまうと、恐ろしい現象が起きてしまいます。仕事中に、理由もないのに不安が襲ってくるのです。

この理由もないというのが恐ろしいのです。不安の原因や理由があるなら、対処のしようもありますが、理由も分からないと対処することができないのです。もはや不安になる理由も分からないということは、既に病気なのです。

理由も原因も分からずに仕事中に不安が襲ってくれると、冷や汗が出てきたり、顔が青ざめたりして、場合によっては、めまいがして倒れてしまうこともあるのです。そんな状態が続けば仕事でミスをしてしまい、解雇されてしまうかもしれませんよね?

仕事でミスや失敗をする前に、精神科やメンタルクリニックで診察してもらい、不安になる原因を見つけ出し、必要な治療を受けましょう。ほとんどの場合、安定剤が処方されるので、医師に言われた通り、安定剤を飲みながら仕事をしましょう。

デパスなどの安定剤を服用することで、仕事中に不安に襲われることも、「不安な気持ちになるのでは?」という恐怖からも解放されるのです。一番いけないのは不安になる気持ちを認めずに、仕事を続けて戦ってしまうことです。

どんなにタフな人でも、既にうつ病の症状が出てしまっているのですから、戦っても勝ち目はないのです。うつ病は自力で直せる病気ではないのです。安定剤に頼って、休みをしっかりととらないと、どんどん症状が重くなり、最悪の場合、起き上がることもできないような身体になってしまうのです。

そんなことにならないためにも、仕事中に原因や理由が分からない不安な気持ちが込み上げてきたら、放置せずに、すぐに医者に診てもらいましょう。安定剤を飲みながら仕事をしている人なんて、今の時代、五万と言えるので、抵抗感を持つ必要はないのです。頭痛薬や便秘薬を飲むのと同じような感覚で、安定剤を飲めば良いのです。


スポンサードリンク



うつ病であることをコンプレックスに思わない

仕事中に不安な気持ちが襲ってきて、うつ病だと認めざるを得ない状況になっても、受け入れたくないという人が多いと思います。それは、うつ病という病気に対して、自分だけは大丈夫、絶対になりたくないと思っているからです。

しかし、仕事を頑張れば頑張るほど、うつ病になる可能性は高くなっていくのです。逆に言えば、真面目で頑張り屋で努力家だから、なる病気とも言えるのです。つまり、うつ病をコンプレックスに感じて、自分を恥ずかしいとか卑下したりしないことが大切だということです。

うつ病を否定して自分まで追い詰めることで、もっと症状が悪くなってしまうのです。うつ病を受け入れることができれば、安定剤を飲むことに対する抵抗感もなくなるのです。こんなふうに考えてはいかがでしょうか?世の中には、慢性的な便秘や頭痛に悩まされている方が五万といます。

そのような人達は、毎日のように副作用の強い強力な便秘薬や頭痛薬を飲まないと仕事も生活もできないのです。うつ病も、便秘や頭痛と同じような持病だと軽く考えれば良いのです。自分のせいでも、誰のせいでもなく、便秘や頭痛持ちになるように、たまたまうつ病になってしまったから、安定剤を飲むだけ!と気楽に考えれば、うつ病と前向きに付き合っていけると思います。

もしかしたら、うつ病よりも、便秘や頭痛が酷い人の方が仕事も私生活も辛いのではないでしょうか?こんなふうに考えれば、うつ病なんて、たいしたことはない!と思えるはずです。


スポンサードリンク



不安に勝つ考え方。死ぬわけじゃない!!

安定剤を飲んでも、完全に不安な気持ちを抑えこむことができるとは限りません。特に仕事で疲れていたり、ストレスが溜まったりすると、不安な気持ちに負けてしまうことも多くなるのです。そんな時は、次のように考えてください。

「どんなに恐ろしい、耐え難い不安が襲ってきても、死んでしまうわけじゃない!!」実際に、うつ病の不安が原因で、死んだ人はいないのです。不安になると「このまま死んでしまうのではないか?」という恐怖心が出てきますが、100%死ぬことはないのです。

人間はタフなので、どんな状況でも身体や脳が生きつづけようとする機能を持っているのです。一時的にうつ病になり不安な気持ちが出てきたり、出てこなかったりしますが、それを受け入れて、安定剤をしっかりと飲んで、あまり深く考えないことが不安に勝つ秘訣です。

仕事中やプライベートでも不安な気持ちが発作のようにやってきたら、「はい!はい!またまた不安君が来ましたね!無理しないで休んだり、好きなことをやりますよ!仕事なんてやーめた!」と無責任になれば良いのです。

私は、このように考えることで、毎回、不安君に勝利してきました。もう1つ大切なのは、不安の原因となるようなものは、できる限り避けるということです。「嫌いな人とは、あえて仲良くなろうとしない。不安になるような場所には行かない。

私の場合は電車やバスの中が苦手です。どんなに無責任だと言われても、辛いと感じたら、すぐに逃げる、やめてしまう。」これ以外にもストレスや負担になるようなことからは、すぐに逃げてしまいましょう。それが仕事でも逃げるべきです。

仕事なんてご飯を食べることができれば良いわけですから、不安になるほど嫌だったら、すぐに転職してしまえば良いのです。正社員にこだわることなく、非正規社員でも最低限、食べていくことができれば、それでOKなのです。

結婚したかったら、共働きで支えてくれるパートナーを見つければ良いのです!要するに、どんな状況でも自分の味方になり、自分を追い詰めないことです。嫌なら逃げちゃえば良いのです。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る