安定剤を飲んでも副作用で仕事ができなくなることはありません|安定剤を飲み続けるとボケる?

安定剤を飲んでも副作用で仕事ができなくなることはありません|安定剤を飲み続けるとボケる?

スポンサードリンク



安定剤を飲んでも副作用で仕事ができなくなることはありません

副作用

デパスを飲んでも仕事に支障が出るほどの副作用は起こりません

どんな薬でも必ず副作用があると言われています。確かにその通りで、副作用のない薬なんて存在しません。デパスなどの安定剤にも、一般的には「眠気、便秘、下痢、ふらつき」などの副作用が起こる可能性があると言われています。

しかしながら、それらの副作用が出る可能性は極めて低いです。私も、うつ病と診断されて、はや4年、ほぼ毎日、デパスやレクサプロなどの安定剤を飲みながら仕事をしていますが、1度も眠気や便秘や下痢やふらつきなどの副作用が起きたことはありません。

むしろ、安定剤を飲む前の方が、ストレスで便秘や下痢になったり、めまいを起こしたりしていました。夜も眠れなくて、常に睡眠不足で疲労感があり、仕事にも集中できずにいました。夜もマイスリーと安定剤を飲むようになってからは、安眠することができ、悪夢も見なくなりました。

つまり、私は安定剤とマイスリーを飲むようになってからの方が、元気に仕事ができるようになったということです。ちなみに、私の同級生にも2人、うつ病の人がいて、私と同じ安定剤を飲んでいますが、その2人の同級生も元気に仕事を続けています。

彼らは私よりも、うつ病歴が長い先輩ですが、10年近く安定剤を飲み続けても、これといった副作用は出ていないのです。要するに、私が知る限りにおいては、安定剤の副作用は恐れる必要はないということです。


スポンサードリンク



体質によっては深刻な副作用やアレルギーが出る場合もあります。

ただし、体質によっては安定剤を飲むことで深刻な副作用が出たり、アレルギー反応が出たりすることもあります。なので、安定剤を飲み始まる時は注意が必要です。ちょっとでも不調が起きたら、すぐに安定剤を飲むのをやめて、医師に相談しましょう。

安定剤はたくさん種類があるので、副作用がアレルギーが起きない安定剤に変えてもらいましょう。どの安定剤が体質に合っているのか?それは実際に飲んで試してみないと分からないのです。


スポンサードリンク



安定剤を急にやめると禁断症状が起こることもある?

デパスなどの安定剤を飲むと不安な気持ちが弱まるので、元気に仕事ができるようになります。調子が良くなったので、安定剤を自己判断でストップしてしまうと、怖いことが起こります。それが安定剤の禁断症状です。

安定剤には依存性があるので、いきなりやめると禁断症状をおこし、うつ病の症状が重くなってしまうのです。調子が良くなっているのは安定剤のおかげであることを認識して、自己判断で勝手にやめないようにしましょう。やめたいと思うなら、医師に相談して、少しずつ安定剤の量を減らしていきましょう。

量を減らして調子が悪くなるなら、無理はせずに量を増やしましょう。そんなに短期間で簡単になおる病気ではないのですからね。気長に安定剤を飲みながら付き合っていけば良いのです。

無理にでも安定剤をやめたいと思う人は、副作用や身体に与える悪影響が気にあるみたいですが、今の安定剤は昔と違って、身体に優しい成分で作られているので、何年飲み続けても副作用で病気になることはありません。

ただし、高齢者になってからも毎日のように飲み続けると、心臓や肝臓に負担がきてしまう場合があるので、高齢者の方は、医師に相談してから薬の量を決めると良いでしょう。若い方なら、毎日のように安定剤を飲み続けても、仕事ができなくなるほどの副作用が起こることはありえません。

安定剤を飲み続けるとボケる?って本当なの?

デパスなどの安定剤を飲み続けて仕事をしている人も大勢いますが、安定剤を飲み続けると、ボケやすくなるという話を聞いたことがあります。それって本当なのでしょうか?確かに、普通の人よりも安定剤を飲み続けていた人の方が、はやくボケてしまう確率は少しあがるみたいです。

しかし、ほんの少しだけの確率なので、安定剤のせいでボケてしまうとは言い切れないというか、確率は低いと言えるです。つまり、現代の進化した安定剤なら、ボケてしまうような副作用が出てしまうということは考えないで良いということです。ボケが早くなってしまう確率は数パーセントはあるとしても、他の要因の方が強いということです。

私の主治医に安定剤を飲み続けても副作用は出ないか?聞いてみました。

私は自他共に認める、かなりの心配性なので、主治医が大丈夫だからと言って処方された安定剤やレクサプロやマイスリーでも、既に4年間、飲み続けているので、副作用がないか?毎回の診察で確認しています。主治医からしたら私のような患者はウザいかもしれませんが・・・(笑)

でも、気になるので毎回、確認してしまうのです。もともと私は薬嫌いだったので、気になってしまうのかもしれません。4年間で10回以上は、副作用のことを主治医に質問しましたが、毎回、主治医は「毎日、飲み続けても副作用や身体に悪い影響が出ない量を処方していますので、大丈夫です!」と言ってくれます。

そのたびに、私は安心できるのです。ただし、60代を過ぎたら、今の量は減らさないといけないかもしれませんと忠告をされました。まぁ、60代までには、安定剤もその他の薬も減らせるように治療していきたいと思っています。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る