「仕事が朝早い・・・夜遅い・・・」過労死する前に仕事を辞める|通勤時間を短縮|上司から誘いを上手に断るコツ

「仕事が朝早い・・・夜遅い・・・」過労死する前に仕事を辞める|通勤時間を短縮|上司から誘いを上手に断るコツ

スポンサードリンク



「仕事が朝早い・・・夜遅い・・・」過労死する前に仕事を辞める

朝早くて夜遅い激務

朝早くて夜遅い激務な仕事を辞めるか?過労死を待つか?

人間には、連続で働くことができる限界があります。朝早くから出勤して夜遅くまで働かせるような激務の仕事を続けると、最悪の場合、過労死してしまうかもしれません。厳しい競争社会の中、企業も生存をかけて社員に無理を強いることがあるのです。

人材を新しく募集して社員を増やせば、1人の社員から朝早くから夜遅い時間まで働かなくても済むのですが、人件費を削減していから、それをしないのです。労働基準法なんて完全に無視してサービス残業をさせて早朝から深夜まで働かせて、土日や祝日まで無給で出勤させるブラック企業も増えているのです。

そんなブラック企業にいたら、遅かれ早かれ身体や心をボロボロにされて、過労死してしまうかもしれません。家族や小さい子供がいるなら、あなたが過労死したことで、寂しい思いをさせることになるでしょう。

家族のために過労死するほど働いているのに、報われない・・・それがブラック企業なのです。こんな時代なので、仕事を辞めてしまえば正社員として働ける転職先が見つかるか分からない・・・という不安もあることでしょう。

場合によっては、転職したことで、もっとブラック度の高い会社に入社してしまうかもしれません。そんなことになれば、さらに朝早く出勤して夜遅くまで働くことになり、過労死する確率も高くなってしまうことでしょう。

しかし、転職しなくても結果は同じなので、とりあえず自分を守るために仕事を辞めて、労働基準法の範囲内で勤務時間を考慮してくれる仕事に転職するべきなのです。高い年収や給料を求めなければ、いくらでも合法なホワイト企業は存在するのです。高い年収額や給料よりも、一番大切なのは、健康に働き続けることなのです。


スポンサードリンク



どうしても仕事を辞めることができない場合は引越しをして通勤時間を短くする

「朝早くから夜遅い時間までサービス残業を強いられるけど、幼い子供もいるし、家賃も光熱費も払わないといけないし、仕事を辞めることができない・・・」このような事情を抱えている方も多いことでしょう。

できれば、朝早くから夜遅い時間までタダ働きさせるようなブラック企業からはサヨナラした方が良いのですが、それができない場合は、例えば、会社の近くに引越しをして、通勤時間を短くするなどの工夫が効果的だと思います。

労働基準法に違反している!などとブラック企業にいくら主張しても、変わるわけがないのです。そんなことをしても左遷されるか、イジメにあってボロボロになり最後は解雇されるだけなのです。会社が体質を改善してくれないなら、自分で長時間労働を少しでも短くする工夫をするしかないのです。

通勤時間に片道1時間も2時間もかかってしまうなら、それだけ拘束時間も長くなり睡眠時間が短くなってしまうのです。会社から徒歩数分の場所に引越しをすれば通勤時間にかかっていた数時間を睡眠時間や休養時間に充てることができるのです。

持ち家で引越しができない場合は、家族と離れるのは辛いですが、自分の健康を守るために、会社の近くにマンスリーマンションや賃貸マンションを借りて、単身赴任のように仕事をやり過ごしましょう。


スポンサードリンク



少ない休みも上司に奪われる・・・誘いうまく断る方法はないの?

朝早くから夜遅くまでハードワークが続くのに、たまに仕事が早く終わった時も、休日でさえも、空気が読めない傲慢な上司に貴重な時間を奪われてしまう・・・そんな嘆きも多く聞こえてきます。少ない休みまで会社に拘束されてしまったら、やりきれないですよね?

そんな時は、上司からの誘いをうまく断る方法を心得ておきましょう。例えば、しつこく誘ってくる上司がいたら、「奥さんに小遣いを減らされて、金欠なんです・・・」と丁重にお断りしましょう。これなら印象も悪くならないし、さすがに毎回、おごってくれる太っ腹な上司は少ないので、何度が付き合えば、誘ってこなくなります。

しかし、中には毎回おごってでもいいからと、しつこく誘ってくる上司もいます。そのような上司の場合は、次のような断り方をしましょう。「生活が苦しくて、奥さんが内職をしているので、仕事が終わったら、すぐに帰宅して、子供の面倒や家事を手伝わないといけないのです。

本当はお供したいのですが、申し訳ございません。」このように、やむを得ない事情を切り出すことで、さすがにしつこい上司も諦めてくれるのです。うまく断るコツは、家庭や奥さんの事情を出して、完全に誘えなくすることです。

中途半端な断り方をすれば、逆に追及されたり、余計な支援をしてきたりする上司もいるので、嘘がバレてしまうかもしれません。家庭の事情なら奥さんと口裏を合わせておけば、絶対に嘘だとバレないですからね。肝心なのは、上司に対して、「あなたのことは嫌っていないし、本当はお供したいけど、やむを得ない事情で行けないのですよ。」と信じさせることです。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る