「朝早い仕事を辞めたい・・・けど辞められない」と思っている方に3つのアドバイス

「朝早い仕事を辞めたい・・・けど辞められない」と思っている方に3つのアドバイス

スポンサードリンク



「朝早い仕事を辞めたい・・・けど辞められない」と思っている方に3つのアドバイス

@早く寝る習慣を身に付ける

朝早い仕事が辛くて辞めたくなるのは、睡眠時間が足りないからです。朝早い仕事でも睡眠不足にならないためには、早く寝る習慣を身に付けるのが一番の方法です。とは言っても、深夜まで起きている生活に慣れてしまっている方は、なかなか染みついた習慣を変えることはできないでしょう。

しかし、仕事を辞めることができないなら、朝早い仕事に慣れるように自分を変えていくしかないのです。まず、早い時間に眠くなるような習慣をつけるために2つのことを実践してみましょう。1つ目は、できる限り、朝日を浴びるということです。

朝起きたら、意識的に5分でも10分でも良いので直射日光を浴びるのです。できれば10分でも良いので朝日を浴びながらウォーキングしてみましょう。朝日を浴びることでセロトニンという物質が脳内から出ます。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれるもので、健康にも心にも良いとされています。セロトニンは体内時計の役割も果たしてくれるので、睡眠リズムを整えてくれるのです。つまり、朝日をしっかりと浴びてセロトニンをたくさん出すことで、夜も早い時間に眠くなるということです。

早い時間に眠くなれば、早く眠れるので、その分、朝早い仕事でも睡眠時間が足りているので、辛くならないのです。朝早い仕事が平気になれば辞めたいという気持ちも消えてしまうでしょう。そもそも昔から早起きは三文の徳と言われるくらい、メリットがあるのです。

朝早い仕事でも頭をシャッキっとさせて仕事をすれば良い結果を出すこともできるのです。朝早い分、夜は早く帰宅して、家族との時間や自分のプライベートの時間も持てることでしょう。このように早く寝る習慣をつけるだけでもポジティブに考えることができるのです。


スポンサードリンク



A仕事で結果を出して部署や担当している仕事を変えてもらう

仕事が朝早いのが担当している仕事や部署のせいなら、部署や仕事を変えてもらうことで、悩みも解決します。配属している部署や職種や担当によって、朝早い出勤だったりするケースも多いからです。例えば、営業職の場合だと、どうしても朝早い仕事をしなければいけないなら、事務職への転属願を出せば良いのです。

しかしながら、もちろん簡単にはいきません。あなたを会社は営業職として採用しているわけですから、よほどの理由がなければ、転属願は受理されないでしょう。そればかりか上層部や社長に与える印象も悪くなってしまうので、慎重になった方が良いでしょう。

何も結果を出していないのに、会社に自分の要望だけ聞きいれてもらおうとするからいけないのです。例えば、営業で社長賞がもらせるくらいの成績を出して、そのあとで、転属願を出すなら、もしかしたら聞きいれてくれるかもしれません。

転属して職種や担当する仕事が変われば、朝早い仕事もなくなり、辞めたいという気持ちもなくなることでしょう。もちろん、転属したい理由は本音を伝えてはダメです。朝早い仕事が嫌だから転属したいです・・・なんて言えば、クビになってしまうかもしれません。

そこは嘘でも良いので、「どうしても事務職の仕事に前々から関心があって●●の仕事をしてみたいから、転属願を申し出ました。」このように伝えれば、朝早い仕事が嫌だから・・・という本当の理由を隠すことができるのです。


スポンサードリンク



B無理にでも仕事を辞めてしまう

「朝早い仕事ですぐにでも辞めたいけど、家族のために生活のために辞めることができない・・・」確かに、その事情は分かります。しかし、探そうと思えばいくらでも転職先なんて見つかるのです。収入面の不安で転職に踏み切れないなら、今の仕事を辞めずに続けたまま、転職活動を同時進行してしまえば良いのです。

仕事と転職活動を同時進行させるのは大変ですが、焦らずに少しずつコツコツとやれば、無理ではないのです。また、今の仕事を続けながらの転職活動を支援してくれる転職サイトや転職エージェントというサービスがあるので、利用してみると良いでしょう。

特に転職エージェントはおすすめです。転職エージェントの担当者に、朝早くない仕事が良いです!と伝えれば、その条件に見合った求人を探してくれるのです。また、応募書類の書き方や面接対策にもプロの視点から具体的なアドバイスをしてくれるのです。

さらには、面接日の調整、細かい交渉の代行、転職後のフォローまでしてくれるのですから、仕事を辞めずに転職を成功させるなら、転職エージェントなくしては実現できないと思います。ちなみに私も前の仕事を辞めずに、リクルートエージェントという転職エージェントを利用して、リスクのない転職に成功しました。

仕事を辞めずに、無職の期間を最小限に抑えて転職することができたので、収入面の不安は1つもありませんでした。転職する前に転職先の企業を訪問したり、職場や人間関係などの情報を知ることができたので、ミスマッチの転職を避けることができました。このような情報が得られるのも転職エージェントを活用するメリットだと思います。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る