仕事で焦るときの5つの対処法|焦る自分を認識する|達成不可能な目標は設定しない|目の前にある仕事をする

仕事で焦るときの5つの対処法|焦る自分を認識する|達成不可能な目標は設定しない|目の前にある仕事をする

スポンサードリンク



仕事で焦るときの5つの対処法|焦る自分を認識する

1、焦っている自分を認識する

仕事で焦る自分を認識することができず、「自分は焦っていない」と思いこむことで、焦ったままでミスや質の低下という結果を招くことがあります。仕事で焦る自分に少しでも気付いたら、作業をストップして、焦っている自分を客観視して認識することが肝心です。

焦っている自分を認識することで、焦りに歯止めをかけることができるのです。焦る自分を認識すれば、このままではミスや仕事の質の低下につながり、失敗してしまう・・・ということに気付くからです。仕事途中でそれに気付けるかどうかが質の高い仕事につながるのです。

経験が浅い若い社員だと、それに気付けないので、気づかせてあげられるようなリーダーや上司が近くにいると、指摘してもらうことが焦りに気付くことができたりするのです。自分の仕事だけなくメンバーや部下の焦りに気付けるようなリーダーや上司がいると、そのプロジェクトの仕事はうまくいくことが多いのです。


スポンサードリンク



2、達成不可能な目標やノルマは設定しない

仕事で焦る一番の原因は、最初の目標やノルマ設定に無理があるというものです。例えば、1ヶ月という納期で達成できる仕事ではなく、人員も足りていないのに、無理をすると、どんどん納期が近づくごとに、焦る気持ちが強くなってしまうのです。

焦る気持ちが強くなったときは、本当に達成可能な目標やノルマなのか?再確認してみましょう。再確認したことで、無理であるという判断が出たら、一刻も早く人員を増やしてもらうか、それができないなら、謝罪して納期を伸ばしてもらう必要があります。

何もしないで納期を送られてしまい、先方に迷惑をかけるよりも、間に合わないことが分かった時点で、対処した方が良いからです。最初に決めた目標やノルマを意地でも変えずに1人でもやり抜く!なんて強い意志を持っている人もいます。

そのような人は徹夜をしてでも目標やノルマを達成する努力をしますが、そのような無理をして結局はミスをしたり、身体を壊して、まわりに迷惑をかけることになってしまうのです。チームのメンバーがそのような強硬策に出ないように、しっかりと目を光らせて管理するのもリーダーや上司の役目と言えるでしょう。

焦る気持ちは分かりますが、途中で無理だと分かったら、目標やノルマを緩める軌道修正も必要なのです。目標やノルマを調節することができれば、精神的にも楽になるので、焦る気持ちも弱めることができ、仕事の質も上げることができるのです。


スポンサードリンク



3、なぜ目標やノルマを達成することができないのか?原因を探ってみる

そもそも、なぜ目標やノルマを達成することができないのか?その原因はどこにあるのかを探ってみましょう。「仕事をとってきた営業が無理な納期を設定したのか?仕事をする人員が圧倒的に足りないのか?仕事のやり方や手順が間違っているのか?」これ以外にも原因はたくさんあると思います。

原因を見つけることで、そこを改善したり修正したりしていけば良いので、焦る気持ちをなくして冷静に仕事を成功させるヒントを見つけることができるのです。一番肝心なのは、受けた仕事をしっかりとこなし、クライアントや顧客からの信用を失いわないことです。

そのためなら、たとえ、今回の仕事が赤字になっても、派遣やバイトを募集して人員を増やして、仕事の質は下げずに納期をしっかりと守ることです。赤字になっても、無理な納期や目標を設定してしまったという失敗から、学ぶことができるのです。赤字になっても顧客やクライアントからの信用を失わないことの方が利益が大きいと言えるのです

4、目の前にある仕事を地道にコツコツとやっていく

仕事で焦るときは、とにかく目の前にある仕事を1つずつコツコツと地道に片付けることが大切です。手を動かしながら考えることで効率が良くなるのです。仕事で焦るときに、絶対にしてはいけないのが、あーでもないこーでもないと作業もしないで永遠と考え込んでしまうことです。

これをやってしまえば、精神的にもっと追い詰められて焦る気持ちが増徴してしまうし、仕事が進まないので、納期を守ることもできなくなってしまうのです。前の前にある確実にやらなければいけない仕事を1つ1つコツコツと行うことで、前進することができるので、気持ちもどんどん楽になっていき、冷静に考える余裕も出てくるのです。

考えても考えても答えが出ないなら、できることから始めればいいのです。そうすれば、納期に間に合わないのか?間に合わないなら、はやめに対処をするべきという考えも浮かんでくるのです。

5、無駄なことでタイムロスをしないように切り捨てる

仕事で焦るとき、無駄なことをしてタイムロスをしてしまう方がいます。これは一番もったいない時間だと思います。しかし、たいていの場合、それが無駄であることに気付かずにやっているのです。後になってあの作業は無駄だった・・・と気付くのです。

このようなことが起きる原因は、仕事の計画やスケジュールに問題があるのです。だから、無駄なことをやっても気付かずにタイムロスをしてしまうのです。

焦ることはないので、仕事の綿密な計画やスケジュールを立てて、メンバー全員でミーティングの時間をたっぷりともうけて、「本当にその作業は無駄にならないのか?短縮、省略して切り捨ててしまうことはできないのか?アウトソーシングでも可能な仕事なら、そっちにまわした方が効率が良くなるのではないか?」このようなミーティングが足りないから、タイムロスな無駄な作業をしてしまうのです。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る