仕事で焦る ミスする|3つのデメリット|解決法→客観的に自分を見る|呼吸法で冷静な自分を取り戻す

仕事で焦る ミスする|3つのデメリット|解決法→客観的に自分を見る|呼吸法で冷静な自分を取り戻す

スポンサードリンク



仕事で焦る ミスする|3つのデメリット|解決法→客観的に自分を見る

焦る

@仕事で焦ることのデメリット・仕事の質も思考力も下がる

仕事で焦ることでスピードは上げることができるかもしれません。このままでは納期が間に合わない・・・なんてことになって焦る人も多いでしょう。スピードが上げて納期を間に合わせることも大切ですが、もっと大切なのは、仕事の質を高めることです。納期に間に合わせることができても、仕事の質が下がってしまえば、信用を無くしてしまい、次の仕事がもらえなくなるかもしれません。

納期をまもれば良いというものではないのです。焦ることで思考力も低下してしまうので仕事の質も下がってしまうのです。まず、無理な納期を設定しないように営業担当者に心がけもらうことが肝心です。無理な納期でも質のことも考えずにとってきてしまう営業担当者がいると、どうしても焦る必要が出てきてしまうのです。

どんなに売上につながる仕事でも、信用を失わないためには、無理のない納期で質の高い仕事をすることが、次の仕事にも信用にもつながるのです。


スポンサードリンク



A焦れば焦るほど連携もとれなくなる

仕事で焦れば焦るほど、どんどん連携がとれなくなり、チームワークもガタガタになってしまいます。焦っていると、正確な情報を伝えることもできなくなってしまうので、仕事がミスが連発してしまうのです。仕事の効率が悪くなれば、納期が間に合わなくなり、無理が生じてしまい、質も下がってしまうのです。

どんなに納期がギリギリでもチームワークをしっかりと固め、正確に伝えることをしなければ、仕事の効率はどんどん下がってしまうのです。焦ることで1つの作業を2度手間にするくらいなら、ミーティングや会議に時間をかけて1つの作業がミスでタイムロスにならないようにした方が、効率は確実にあがるのです。

仕事は1人で進められるものではないので、ミスのない連携をとるためにも、焦りは禁物なのです。どんなに優秀なメンバーで仕事をしても、誰かが焦ってミスをすることで、致命的なミスにつながってしまうのです。

焦っているメンバーがいたら、一度仕事の手をとめて、ミーティングをして、気持ちを1つにするための時間を作りましょう。遠回りなことに見えるかもしれませんが、そのような連携力を高めることがチームで仕事をやる時には一番大切なことなのです。


スポンサードリンク



B焦ることで1人1人の能力を最大限に活かすことができなくなる?

仕事で焦ると、チーム1人1人の本来持っている能力を100%活かすことができなくなってしまうので、効率も質も落ちてしまいます。1人1人の能力を最大限に活かすためには、チームのリーダーや責任者の上司が、随時、連携力を高めるためにミーティングをして、同じ方向をみて仕事をしているか確認することが大切なのです。

最初は、同じ目標に向けて仕事をしていたのに、ミーティングなどを行わないことで、方向性がバラバラになり、仕事のミスや質の低下につながってしまうのです。メンバーが焦り出してしまうこと、集中力も低下してしまうので、本来持っている仕事力もフルに出せずに終わってしまうのです。

このようにメンバーを焦られることで仕上がった仕事は、どうしても質が低くなり、クライアントや顧客をガッカリさせてしまうのです。長年かけて築き上げた信用は、1回の質の悪い仕事で簡単に崩れ落ちてしまうのです。そんなことにならないためにも、たとえ納期を遅らせて謝罪することになっても、1人1人の能力を最大限に活かし、これ以上ないくらい質を高めて仕事を進めるようにしましょう。

自分を客観的に見ることが大切です。

焦っている自分に気付けないほど焦っていることが多いのです。しかし、それではミスを避けることができないので、客観的に自分を見て、焦る自分を防ぐことが重要なのです。焦る気持ちの時は仕事をストップさせてリフレッシュしてスイッチを切り替えるのも良いかと思います。

焦ると、1つのことしか見えなくなってしまうので、仕事のミスや欠陥にも気付けないことが多いのです。仕事から気持ちを切り離す時間をつくってみると、仕事の全体像が見えてきて、致命的なミスに気付けたするものです。焦らずに、ミスもなく、効率を上げるというテクニックを身に付ければ、焦ることで起こるミスを防ぐことができるのです。

空気をたくさん吸って1分かけて吐いてみる

仕事が忙しすぎて、リフレッシュしている時間なんてないよ!という人も多いことでしょう。焦りは禁物でも納期が厳守の場合もありますからね。そんな時は1分だけ時間を使い焦る気持ちを弱める方法があるので実践してみましょう。

これは仕事をしながらでもできることなので、簡単です。デスクに座ったままで良いので、空気をたくさん吸って、それを1分間かけてゆっくりと吐いてみましょう。口の先をとがらせてゆっくりと1分間かけて空気をはくと、不思議なほどに冷静になり気持ちを切り替えることができるのです。このような簡単な呼吸法を覚えることで、焦る気持ちがミスにつながるような心の緩みをとってくれるのです。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る