仕事で焦る4つの対策法|肯定して褒めてあげる|職場の敵は無視する|自分に暗示をかける

仕事で焦る4つの対策法|肯定して褒めてあげる|職場の敵は無視する|自分に暗示をかける

スポンサードリンク



仕事で焦る4つの対策法|肯定して褒めてあげる

仕事で焦る4つの対策法

@自信が持てるように自分の仕事を肯定してみる

仕事で焦る対策として、最も効果的なのは、自分の仕事を肯定して自信を持たせることです。仕事で焦る人の大半は、自信が持てずに自分のやった仕事を否定してしまうことが多いのです。まわりからの評価も低く、自分は仕事ができない・・・必死で頑張らないと、人から批判されてしまう・・・というネガティブ思考があるから、焦ってしまうのです。

結果、焦ることでミスしたり仕事の質も落ちてしまい、「やっぱり自分はダメなんだ・・・」とさらに否定してしまうのです。否定やネガティブからは何も始まりません。誰だって仕事でミスをするし弱点やコンプレックスを持っているのです。

ベテランの仕事ができる上司だって先輩だって弱点があるのです。だから、まずはもっと自分の仕事を認めて肯定してあげて、ポジティブ思考に切り替えることです。ポジティブ思考に切り替えることで、焦る気持ちを弱めることができるのです。

自分で自分を追い詰めるなんて、そんな馬鹿なことはないですからね。自信がつくと心に余裕が持てるようになるので、自分の仕事はもちろん、まわりの仲間が焦っていたらそれをフォローすることもできるようになるのです。


スポンサードリンク



Aどんな状況でもできる限りのことをした自分を褒める

どんなに厳しい状況で、急かされたり、どやされたりしても、その時にできる限りの仕事をすれば、自分を褒めてあげましょう。それ以上のことはできないのですから、それで納期が遅れたり、厳しい評価をされても仕方がないのです。

それはあなたに責任がないことが多いのです。1人1人の社員が限界まで努力しても、仕事が終わらないということは、そんな仕事を任せた上司や責任者の問題があるからです。しかし、会社という組織は、末端の人間に責任を押し付けたり厳しくしたりします。

これは仕方がないことなのです。しかし、それを真に受けて、自分はダメだ・・・とせめてしまえば、さらに悪い状況になってしまうのです。それではなくて、自分は精一杯できることをやったんだ!それでもダメなのは自分のせいではない!!というぐらい図太い精神でやっていかないと、すぐに仕事で潰されてしまうのです。

しかし、その態度を表に出したら上司に叩かれてしまうので、表面上だけで謝罪したり、申し訳ない態度をして、心では自分のせいではない!自分はよくやった!と褒めてあげれば良いのです。

どんな仕事でも、自分のせいではない不条理な怒られ方をしたり、手柄だけ上司がとっていて、悪いことは全部部下のせい・・・なんてこともあるので、いちいち真に受けていたら、すぐに潰されてしまうのです。もっと楽天的に自分を褒めてあげるような仕事の仕方に変えれば、焦る気持ちも辛い気持ちも解消することができるのです。


スポンサードリンク



B敵は無視して味方のために仕事をする

職場に敵や味方がいるということ自体が残念な話なのですが、これが現実なので仕方がないのです。会社という組織の中には、相性が良い人よりも苦手だ・・・嫌いだ・・・と思うような相性が悪い人の方が多いのです。

だから、どうしても敵の方が多くなってしまうのです。しかし、敵のことを気にして、敵に批判されないように仕事をしようと思えば思うほど、焦る気持が強くなるし、辛くなります。だから、敵のことなんて無視してしまいましょう。

敵は無視して、味方のために仕事をすれば良いのです。その方が気持ちよく自分のペースで仕事をすることができますからね。批判をしてきても、それに真っ向から勝負しないで、受け流すようにすれば楽になります。いちいち批判されているかも・・・?と気にしてしまう時点で、コンプレックスや劣等感を持っているということなのです。

だから、気にしなくなることで、ずいぶんと気持ちが楽になり、焦る気持も消えてなくなり、仕事が楽しくなるのです。敵はつくらない方がいいですが、どんな会社でも仕事でも敵を1人もつくらないというのは無理ですからね。誰からも好かれたい!なんて思わない方が良いです。それが気持ちを重くする原因となってしまいますからね。

C自分に暗示をかける

仕事で焦る対策として有効なのは、「焦るな!1つずつ目の前の仕事を片付ければ必ず終わる!焦ればミスをする!」と自分に暗示をかけるのです。焦ると目の前が見えなくなり、どの仕事も中途半端に手を出してしまいたくなるのです。

しかし、そのようなやり方をすれば、すべてが中途半端になり仕事の質も効率も下がってしまうのです。そんなことをするくらいなら、焦らずに1つ1つの仕事を正確にこなした方が良いのです。どう頑張っても2人分の仕事をすることはできないし、限られている時間を長くすることもできないですからね。

同じ1時間の仕事をするのでも焦ってやるよりも、冷静に仕事を楽しむくらいの余裕を持ってやった方が良い結果を生むし、焦っている時は気付かない効率を上げるアイデアも浮かんできたりするのです。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る