仕事で焦る夢を見る4の原因とは?認められていない|仕事以外の悩みがある|オーバーワーク?考えすぎ?

仕事で焦る夢を見る4の原因とは?認められていない|仕事以外の悩みがある|オーバーワーク?考えすぎ?

スポンサードリンク



仕事で焦る夢を見る4の原因とは?

仕事で焦る夢

@仕事で認められていない・・・認められたい!という気持ちがある証拠

仕事で焦る夢を見るということは、仕事で上司やまわりの同僚から認められたい!という気持ちがあることの証明です。自分では、そんな気持ちはないと思っていても、仕事で焦る夢を見るということは、深層心理の中に、そのような願望があるという証拠なのです。

だから、仕事で焦る夢を見たりするのです。逆に言えば、あなたが、仕事で正当な評価をされていない・・・認められていない・・・自分でも自分に対する評価が低いということです。仕事で焦る夢を見続けるという状態は、決して精神的に安定しているとは言えないので、そのような夢が続く場合は、意識や考え方を変えていく必要があるでしょう。

「上司やまわりからの評価を気にしすぎない、自分がどう思われているかなどを考えない、自分自身の仕事も人間性も認めてあげる」これらを意識して仕事に取り組むことで、焦る夢を見なくなることでしょう。仕事でいつでも高く評価されて、まわりのすべての人から認められることなどありえないことなのです。

会社という組織には、いろいろな考え方や仕事のやり方を持っている人が集まっているので、すべての人から高評価を得ようという考え方が間違っているし、自分を追い詰める原因となってしまうのです。一番大切なのは、自分が頑張ってやりとげた仕事を自分自身が肯定して高く評価して、自分を褒めてあげることです。


スポンサードリンク



A仕事以外でも不安や悩みや追い詰められていることはありませんか?

仕事で焦る夢をみる方は、仕事以外でも不安や悩みや問題などを抱えていて、常に追い詰められているというケースも非常に多いです。私生活や恋愛などプライベートの悩みや問題が、一番緊張する仕事として現れるケースがあるのです。

仕事で悩みや不安がないのに、そのような夢を見るなら、私生活に問題があるのかもしれません。私生活の問題は時に仕事にも悪影響を及ぼすほどのダメージとなってしまうので、その問題や不安のもととなるものを解決することで、焦る夢を見なくなるかもしれません。

仕事なのか?私生活なのか?どれが原因で焦る夢を見るのか分からない・・・という場合は、家族や友達や信頼できる先輩や上司に相談してみるのも良いでしょう。いつもあなたを身近で観察している人に相談すれば、あなた自身も気づいていないような悩みや問題点に気付けるかもしれません。

もしかしたら、それられの問題や悩みを解決するためのアドバイスがもらえるかもしれません。原因さえ分かれば、それを解消する道に1歩踏み出すことができるのです。焦る夢を見なくなり、穏やかに楽しい夢をみられるようになったら、仕事も私生活もうまくいくようになるのです。


スポンサードリンク



Bオーバーワークじゃありませんか?

仕事で焦る夢をみる方は、もしかしたら、オーバーワークかもしれません。現代社会においてオーバーワークを強いられる方が非常に多いと思います。実力主義の世の中になっているので、どうしても抱えきれないほどの仕事を任されてしまうことがあるのです。

しかし、オーバーワークを長く続けてしまえば、身体が心に負担がかかり限界を超えてしまうのです。限界を超えてしまえば体調が悪くなったり、精神的に病んだりしてしまうのです。そうならないために、焦る夢が出てきて、それを阻止しようとしているのかもしれません。

つまり、焦る夢をみて、寝汗をかいて起きるようになったら、オーバーワークの可能性も考えた方が良いということです。いくら頑張って会社のために無理な仕事をこなしてきても、体調を壊したり、精神を病んだりして、働けなくなれば、解雇されて全てを失うことになってしまうのです。

そうなる前にオーバーワークな仕事のやり方を変えて、負担の少ない道に逃げることも大切なのです。それも自分を守るために必要な仕事の1つと言えるのです。焦る夢や悪夢などを軽視せずに、頑張れると思っている気持ちはやせ我慢しているだけなのではないか?と自分を心配する気持ちも大切です。甘えなどとは思わずに危険信号や夢で出ているのでは?と重く考えた方が良いと思います。

C物事を考えすぎていませんか?

仕事でも人生でも私生活でも重大な物事を決める岐路に、人間は何度も立たされます。その度に重要な決断をしていかないといけないのですが、いちいち考えすぎて、それがストレスになってしまうと良いことはありません。

確かに、決断をすることは重要なのですが、あまり考えすぎると良い結果にならないことの方が多いのです。考えすぎても分からないことなら、成行きに任せるというのも1つの良い選択なのです。物事を考えすぎる人の多くは、マイナスの方向に考えてしまい、勝手にネガティブ思考になり、悪夢を見たりしてしまうのです。

逆になんでもプラス思考でポジティブに考えることができる人は、物事をあまり深く考えすぎず、ストレスをうまくためないようにできる人なのです。物事は考える時間が長ければ長いほど、良い答えが出るとは限らないのです。考えすぎずに、プラス思考で決断をするというのも、ストレスを溜めずに自分を守るための方法でもあるのです。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る