「仕事に飽きたから転職したい」と思った時に考えて欲しい3つのポイント|キャリアを磨くチャンス|やりがいは自分で見つけるもの

「仕事に飽きたから転職したい」と思った時に考えて欲しい3つのポイント|キャリアを磨くチャンス|やりがいは自分で見つけるもの

スポンサードリンク



「仕事に飽きたから転職したい」と思った時に考えて欲しい3つのポイント

仕事に飽きたから転職したい

@仕事に飽きたから転職したいと考えている方へ。決断を早まらないで!

「仕事に飽きた」と考える場合も、その根底には様々な理由があります。仕事に飽きたから転職したいと思う、理由や動機によっては、転職をしない方が良い場合もあるのです。では、どのような理由や動機なら転職という選択をしても良いのでしょうか?

また、どのような理由や動機なら、転職しない方が良いのでしょうか?まず、「仕事がつまらない、辛い、できない」などネガティブな理由で転職したいと考えているなら、転職はしない方が良いでしょう。所謂、「逃げたい」という気持ちから転職をしても、また転職先で同じことになり、短期間で辞めてしまうからです。

そのようなことを繰り返す人は、転職回数が多くなりすぎてしまい、その結果、正社員としてどこの企業でも採用してもらえなくなってしまうのです。これとは逆に「すべての仕事を上司よりも完璧にこなせるようになり、もうこの会社で学べることはない」このような理由で仕事が飽きたというなら、転職をしても良いと思います。

このような理由なら、転職することで、キャリアアップを実現することができるからです。ただし、この判断をする時は慎重さが必要です。なぜなら、「自分が全ての仕事を完璧にこなせた!」と思っても上司からしたら、まだまだ・・・だったりするからです。

未熟なままで転職しても成功できないので、転職を決断する時は、「本当に今の会社でやり残したことはないのか?今の仕事でも、キャリアアップを実現させる道はないのか?」など、時間をかけて考えてみましょう。リスクのない転職などありえないので、できれば転職しないで今の会社で、さらなる成長を望んだ方が良いからです。


スポンサードリンク



A 「仕事がつまらない、辛い、逃げたい」と思うのはキャリアを磨くチャンス?

恐らく、過半数以上の人が「仕事がつまらない、辛い、逃げたい」と思っているのではないでしょうか?「何も不満がなくて最高の仕事だから一生続けたい!」と思っている人はごくわずかな人だと思います。基本的に、どんなに魅力的に見える仕事でも、仕事は辛いのが当たり前だからです。

辛いことが9割だと思った方が良いでしょう。だから、仕事がつまらない、辛い、逃げたいと思うのは普通なのです。しかし、だからといって逃げ出すように転職すれば、転職先でもまた同じように逃げたくなってしまうのです。

物事をネガティブに考えるから、辛くなってしまうのです。逆転の発想で次のように考えてみてはいかがでしょうか?「今、仕事が辛いのは、自分の仕事力が足りないからだ!ここで逃げずに戦えば、キャリアを磨くチャンスなのでは?キャリアさえ磨けば、理想的な会社に転職だってできるかも!」どうでしょうか?

こんなふうに超ポジティブに考えることができれば、今の辛さを逆にチャンスだと思えるはずです。必死になって目の前の仕事に打ち込み、数年後にキャリアアップを実現できた頃には、転職する必要はなくなっているかもしれませんね。


スポンサードリンク



Bやいがいは与えられるものでなく、自分で見つけるものです。

「今の仕事は、やりがいがないから飽きてしまう。辞めたくなってしまう。」そんなふうに考える人が多いですが、それは間違った考え方です。なぜなら、仕事における「やりがい」は会社から与えられるものではなく、自分で見つけるものだからです。

試しに、上司や先輩に、どうやってやりがいを見つけたのか聞いてみてください。恐らく、どの上司や先輩も、新卒で入社した頃から、やりがいを感じていたわけではないと思います。やりがいのある仕事だ!と思えるようになるためには、少なくとも毎月、振り込まれている給料分の仕事をこなせるようになってからだと思います。

努力も我慢もしないで、やりがいだけ見つけようとしても、見つかるわけがないのです。まとめると、まずは、目の前にある仕事を一生懸命やりとげる。それだけでも大変な苦労が要ります。やりとげるまでには、負けそうになったり逃げたくなることもあるでしょう。

しかし、逃げずにやりとげるのです。そうすると、自信が持てるようになります。自信が持てるようになると、心に余裕が出てくるので、お願いされた仕事以外にも、必要な仕事を自主的に見つけることができるようになります。そのレベルになって、はじめて仕事にやりがいが持てるようになるのです。

そのレベルになる前に、我慢できず逃げてしまうから、キャリアもスキルもないままに、退職してしまうのです。そんな状態で転職活動をしても、前職よりも良い会社に転職できるわけもなく、ランクダウンの転職になってしまうのです。

下手をすれば、正社員として働くことが嫌になり、派遣社員やアルバイトで生活することになってしまうかもしれません。怖いのは、1度でも逃げる癖がついてしまうと、どんな仕事でも逃げ出したくなってしまうという点です。

辛いのはあなただけではありません。先輩だって上司だって、仕事が辛くて逃げ出したくなることが多々あるのです。しかし、ここで逃げたら後悔すると歯を食いしばって頑張っているのです。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る