仕事|飽きた|辞めたい|仕事を辞めて後悔しないために考えて欲しいこと

仕事|飽きた|辞めたい|仕事を辞めて後悔しないために考えて欲しいこと

スポンサードリンク



仕事|飽きた|辞めたい|仕事を辞めて後悔しないために考えて欲しいこと

飽きた

仕事を辞めて後悔しないために考えて欲しいこと

「仕事が飽きた・・・」と感じると、誰もが「仕事を辞めたい・・・」と考えることでしょう。しかし、安易に仕事を辞めるのはおすすめできません。安易に仕事を辞めると必ず後悔してしまうからです。安易に仕事を辞めて後悔しないために、考えるべき6つのポイントをご紹介します。

@入社した動機を思い出してみる

入社したばかりの新人だったころを思い出してみてください。新入社員だった頃は、夢や理想や熱意を持っていたはずです。初心にかえることで、仕事に飽きている気持ちをリセットすることができるかもしれません。

また、入社した動機を思い出すことで、必死になって企業研究したことも思い出すことでしょう。そうすれば、あらためて今の会社で仕事をしている利点や条件の良い部分に気付けるかもしれません。仕事に飽きてしまい、辞めてしまいたいと思うのは、完全にネガティブ思考になっているからです。

入社した動機を思い出し、新入社員にもどったような気持ちになれば、プラス思考でポジティブに働くことができたりするものです。


スポンサードリンク



A給料や年収は平均相場よりも高いか?低いか?

就職難、転職難の時代ですから、普通に生活していくだけの給料や年収がもらえているだけでもありがたいことなのです。世の中には、朝から晩まで働いても生活をしていけるだけの給料が貰えない人もいるのです。

また、働く意欲や体力があっても仕事が見つからないという人も少なくないのです。そう考えると、あなたが普通に仕事をして、人並みの給料や年収が貰えることは非常に恵まれていることなのです。今、あなたがもらっている給料や年収が平均相場よりも高いのか?低いのか?調べてみましょう。

もし、低いなら仕事を辞めて転職するという選択肢も見えてきますが、転職はそんなに簡単ではありません。7割から8割の人が転職後に給料や年収がダウンしてしまうのです。もし、今あなたがもらっている給料や年収が平均相場よりも高かったり標準なら、飽きたからという理由で仕事を辞めるのは得策ではありません。

就職すると毎月、給料が振り込まれるのが当たり前になってしまうので、ありがたみが分からなくなってしまうのです。本当は、毎月、生活していけるだけの給料が振り込まれるというのは、非常にありがたいことなのです。

「お金のために仕事をしているわけではない!」と言って仕事を辞め転職を試みる人もいますが、最低限、生活していけるだけの給料や年収を稼げる確約がない限りは、転職をしない方が良いと思います。

理想や夢だけではご飯を食べさせることも、家族を養うこともできないのです。


スポンサードリンク



B上司や先輩との相性は合っているか?

仕事を続けていく上で、上司や先輩との相性は非常に重要です。仕事を教えてもらったり、それ以外のことでも指導を受けることになるので、相性が悪いと、その仕事を長く続けていくのは厳しくなってしまうことでしょう。

基本的には、どの会社でも上司や先輩は厳しいし、怒られることも多々あります。肝心なのは、そこに愛情があるか?という点です。愛情のある指導の仕方、怒り方と、愛情のない、単なるストレスのはけ口という場合もあります。

後者の場合は、上司や先輩との人間関係を改善することは難しいでしょう。そんな時は、仕事を辞めて転職するというのも賢明な判断だと思います。しかし、転職は最終手段にとっておくのが賢明です。なぜなら、転職をしても良い上司や先輩に恵まれるとは限らないからです。

できれば、今の職場で上司や先輩との関係が上手に築けるように、自分を変える努力をしてみることです。あなたが自分を変える努力をして、歩み寄れば、上司や先輩だって変わってくれることもあるのです。

上司や先輩に嫌われる原因は、あなたにあるかもしれないからです。もし、あなたに嫌われる原因がある場合は、どこの会社に転職しても、結局は、また上司や先輩との人間関係で悩んでしまうことになるのです。

「上司や先輩が嫌いだから、怖いから、人間関係がうまくいかないから」という理由で、短絡的に仕事を辞めてしまう新卒の若い社員が多いようですが、逃げるように辞めても、何も得るものはないし、その後、どんどん悪い方向に転落していくだけです。

まず、「上司や先輩は友達ではなく、自分を厳しく指導して成長させてくれる人」という認識を持ちましょう。このような認識を持てば、厳しく指導されても、「これは自分のためなんだ!」とプラス思考で思うことができるのです。

とは言っても、どうしても苦手な上司や先輩もいますよね?しかし安心してください。いつまでも同じ上司や先輩のもとで働き続けることは、ありえないことです。

逃げずに努力して精進すれば、必ず、苦手な上司や先輩のもとから離れて独り立ちして楽しく仕事ができる日がやってくるでしょう。

C会社の将来性や規模や人気度をチェックしてみる。

あなたが今、働いている会社の規模はどれくらいでしょうか?将来性はあるのでしょうか?人気度や知名度はどれくらいあるのでしょうか?もし、会社の規模も大きく、将来性もあり、人気度や知名度も高いなら、飽きたからといって仕事を辞めるのは非常にもったいないことです。

きっとそのような優良企業を辞めてしまったら、いつか後悔してしまうことでしょう。まず、普通に考えて、よほど優秀で運が良くなければ、規模も大きく将来性のある人気度も知名度も高い会社にストレートで就職することなどできないのです。

新卒で運が良かったから就職できたのです。自分が幸運でどれだけ恵まれているかを再認識してみましょう。そのためには、同級生や知り合いの会社と比較してみるのが良いと思います。中小企業や零細企業にしか就職できなかった同級生や知り合いや友達に話を聞いてみましょう。

きっとあなたよりも深刻で大きな悩みや不満を抱えているはずです。優良企業で働くことに慣れてしまえば、それが当たり前だと思ってしまうので、社員でいられることのありがたみを忘れてしまうのです。

今の仕事環境がいかに恵まれているのか?理解することができれば、仕事を辞めようなんて気持ちを消えることでしょう。

D仕事に対する情熱を思い出す。

あなたは今の会社に何かしらの魅力を感じたから就職したはずです。必死になって就職活動をして、「この会社の商品をお客様に紹介したい」「この会社のサービスは素晴らしい」「このお店の従業員の対応は素晴らしい!こんな人達と働きたい!」など、就職をしたい動機があったはずです。

しかし、会社の商品やサービスに魅力を感じた場合でも、従業員が素晴らしいと思った場合でも、それはお客の立場から見たから、そんなふうに思えるのかもしれません。実際に働く側になってみたら、思っているよりも魅力を感じなかったり、辛くて厳しい部分が意外に多かったりするものです。

どんな仕事でも魅力的で楽しいことばかりではなく、むしろ、辛くて厳しくて苦しいことの方が多いのです。そのデメリットの部分に耐えて乗り越えることができなければ、どんな仕事でも長続きしないのです。もう1度、今の会社に憧れを持っていた頃の情熱を思い出して、仕事の楽しい部分や、やりがいの持てる部分を探してみましょう。

情熱を再燃させれば、「飽きた・・・」と思い込んでいた仕事も輝いて見えるものです。

Eなぜ仕事を辞めたいのか?冷静に分析してみる。

最後に、もう1度、なぜ、仕事を辞めたいのか?冷静に客観的に分析してみましょう。「飽きた・・・」というのが理由なら、仕事を辞めない方が良いでしょう。なぜなら、転職して新しい仕事をしても、すぐにまた飽きてしまうからです。

遊びのように楽しい仕事なんてこの世に存在しません。専門的や仕事や、才能を活かした他人の仕事を羨み、自分の仕事を残念に思う人も多いですが、それは間違った考え方です。どんなにカッコよくて誰からも羨ましがられる仕事でも、辛いことや苦しいことが裏に隠れているのです。

きっと普通にサラリーマンをやるよりも、辛くて苦しい思いをたくさんしてきたことでしょう。その辛さや苦しみから逃げずに乗り越える努力をしたから、今のその仕事を続けることができているのです。つまり、普通のサラリーマンも、専門的な仕事や才能を活かした仕事をしている人でも、仕事をする上での辛さや苦しさや厳しさは変わらないということです。

「飽きた・・・」などと言ってごまかして、辛さや苦しさや厳しさから逃げてしまうことで、自分を何1つ成長させることもなく、ドロップアウトしてしまうのです。要するに、「仕事に飽きた・・・」なんていうのは、逃げるための言い訳でしかないのです。

すべての仕事を完全にマスターし、上司よりも仕事ができるくらいになって、ヘッドハンティングをされるほどの人物になれたら、「もう今の仕事は飽きたから、キャリアアップのために仕事を辞めて転職をしたい」と言っても良いと思います。そのようなことが堂々と言えるまでは、「飽きた」などと言わず、今やれる仕事を必死になってやるべきです。

目の前にある仕事を必死になって精一杯やることで、初めて自分を成長させることができるのです。

仕事を辞めない方が良い理由を考えてみる

「あの上司や先輩が大嫌い。目を合わせるのも嫌だ・・・」「担当している仕事が面白くない。飽きてしまい、逃げたくなる・・・」「好きでやっている仕事でもないし、残業も多いのに、給料は少ない・・・」「自分の会社の扱っている商品やサービスが好きになれない・・・」このような理由から仕事を辞めたいと考える方は多いことでしょう。

仕事を辞める理由を考えるのは簡単です。なぜなら、会社や仕事に不満を持っていない人はこの世にいないからです。しかし、仕事を辞める理由ばかり考えて暴走してしまえば、安易に退職届を出してしまい、取り返しのつかないことになるのです。

「仕事を辞めたい・・・」と思ってしまったら、「仕事を辞めない方が良い理由」を考えてみましょう。さて、勢いで仕事を辞めてしまったら、どのようなデメリットやリスクがあるのでしょうか?

@給料が振り込まれなくなったら家賃も光熱費も食費も払えなくなる。

A親をガッカリさせる。親不孝になってしまう。親を心配させる。

B働くことが嫌になり堕落した人生になる。転職しようにも採用されない。

C安定した収入もないので、いつまでも結婚できず独身のまま。孤独死。

Dバイトや日雇いの仕事でその日暮らしの生活に慣れる。2度と正社員になれない。

E同級生や友達からも差をつけられてします。自分を卑下するようになる。

F健康保険料も払えず保険証が使えなくなり、病気や怪我でも病院に行かれない。

G年金保険料が払えなくなり、老後の生活が不安になる。

H住民税や市民税が払えなくなり、役所から督促や催促を受ける。財産を差押えられる。

どうでしょうか?ちょっと考えただけでも安易に仕事を辞めてしまうデメリットやリスクは、こんなにあるのです。このようなデメリットとリスクを現実的に考えれば考えるほど、「やっぱり仕事を辞めない方が良い」と思えるのです。

もう1つ、人生の先輩が身近にいるのですから、是非とも、仕事を辞めたいと考えていることを相談してみましょう。他の会社に勤めている先輩や、卒業した高校や大学の先生や、親や親戚に相談しても良いでしょう。

また、直属の上司や先輩との関係が良好なら、直接、相談してみるのもアリです。相談する際は、「仕事に飽きてしまったから・・・」とストレートに言わない方が良いでしょう。飽きたなどと言ったら、「甘ったられるな!」と叱られてしまうかもしれないからです。

相談する時は、「何か新しい仕事に挑戦したい!」と伝えるようにしましょう。このような言い方をすれば、上司も先輩も親身になって相談に乗ってくれることでしょう。あなたよりも長く生きている人生の先輩は、きっと仕事を辞めない方が良い理由を具体的にアドバイスしてくれることでしょう。

先輩方も長い仕事人生の中で、何度も仕事を辞めたいと思いながらも踏み止まってきた経験を持っているからです。だから具体的なアドバイスをすることができるのです。

やりたい仕事を優先させるか?安定収入を優先させるか?

やりたい仕事を優先させるべきか?安定収入を優先させるべきか?会社員なら、誰でも1度は悩むテーマだと思います。どちらが不正解とも正解とも言えません。その人の考え方次第だからです。やりたい仕事を優先させて、仕事を辞めるという決断をする人もいるでしょう。

今の安定収入とポジションもキャリアも全て捨てて、1から仕事を始める覚悟がないと後悔してしまうことでしょう。今の仕事に飽きていて、本当は他にやりたい仕事がある場合でも、そう簡単に今の生活を捨てることはできないのです。

家族や子供がいて住宅ローンや教育費の積み立てをしているなら、尚更、無責任は決断はできないのです。だから、多くの会社員は、「今の仕事を辞めて本当にやりたい仕事に転職したい!」という気持ちを胸に抱えながらも、家族のため、自分のために、安定収入を確保するために、今の仕事で頑張っているのです。

それに、「やりたい仕事が見つかったからといって、何もかも犠牲にして転職してみたら、それほど、やりがいも楽しさもなかった」というケースも多いのです。仕事は見ているのと、やってみるのとでは大きな違いがあるものです。

どんな仕事でもメリットや魅力の裏に、デメリットや苦労が隠されているのです。やりたい仕事を見つけてしまい、どうしても仕事を辞めたくなってしまったら、そのやりたい仕事のデメリットや辛い部分をリサーチしてみましょう。

そうすれば、仕事を辞めないで良かったと思えるかもしれません。もし、やりたい仕事のデメリットや辛い部分を徹底的にリサーチして、それでも、どうしてもやりたいと思うなら、転職してみるのも1つの手段です。

転職を実行する場合は、1つだけ注意しなければいけない点があります。それは、誰にも迷惑をかけないことです。勢いで仕事を辞めてしまい、まとまった貯金もなけれえば、家賃も光熱費も食費も払うことができなくなってしまいます。

そんなことになれば、生活が成り立たなくなってしまうことでしょう。家族や子供がいるなら、尚更、安易に転職を実行してはいけません。

もし、どうしても転職をするなら、少なくとも1年間は無収入でも暮らせるくらいの、まとまった貯金ができてから、転職を実行するようにしましょう。

将来のキャリアビジョンを考えてみる。

「もう今の仕事に飽きたから、辞めてしまおうか・・・?」とネガティブな思考になってきたら、将来のキャリアビジョンについて考えてみましょう。「3年後、5年後、10年後の自分は、どうなりたいのか?」じっくりと考えてみましょう。

また、キャリアビジョンと同時に、ライフプランも考えてみましょう。独身なら、「何年後に結婚して、子供はいつごろ産まれて、その時の年収はどれくらいで・・・?」などと考えていると、どれくらいのポジションで、どれくらいの年収が必要なのかが見えてきます。

お金だけではなく、「数年後には、これくらいのポジションについていたい、昇進したい、仕事ができるようになりたい」という希望も出てくることでしょう。これら全てのキャリアビジョンとライフプランを紙に書きだしてみましょう。

さて、あなたのキャリアビジョンやライフプランの希望を実現させるためには、本当に今の仕事を辞めても良いのでしょうか?仕事を辞めるのは簡単です。退職届を渡せば簡単に辞めることができます。「仕事を辞めても、もっと条件や待遇の良い会社に転職をすればいい!」などと考える人もいることでしょう。

しかし、今のご時世、そんなに甘くはありません。相当なキャリアやスキルを持っていない限り、前職よりも条件や待遇が良い会社に転職することはできないでしょう。実際に、勢いや安易な考えで転職した人の大半は、給料や年収がダウンしているのです。

また、転職したら新人扱いなので、せっかく築き上げたポジションも無くしてしまうのです。どうですか?このような厳しい現実を知っても、まだ仕事を辞めてリスクの高い転職活動をしてみたいと思いますか?

将来のキャリアビジョンやライフプランの希望を犠牲にしてでも、やってみたい仕事なら、転職をしても後悔はしないと思います。しかしながら、どれだけ、やりがいの持てる憧れの仕事でも、楽しくて充実しているのは最初だけです。

数ヶ月もすれば、給料や年収が下がったことに落胆し、「前の仕事を辞めなければ良かった・・・」と後悔してしまう人が多いのです。

転職は重大な決断なので、たっぷりと時間をかけて慎重に考えましょう。くれぐれも後悔のないように!

「仕事を辞めたい」と思っている後輩に。先輩からアドバイス

「こんな仕事、飽きたしやってられない。辞めたい・・・」と思っている若い後輩の方々に、荒波を乗り越えてきた先輩方からアドバイスをいただきました。

@不動産会社営業職:28歳:男性

「仕事を辞めたいと思ってしまうのは、逃げたい弱い気持ちが出てしまっている証拠だと思います。あと、社会人としての経験も浅いのではないでしょうか?私の会社でも、新卒で入社して半年も経過していないのに、辞めたいと相談してくる若い社員がいます。どんなに嫌でも辛くても、せめて3年間は仕事を続けないと、本当に仕事を辞めるべきか?辞めないべきか?の答えも見つけられないと思います。もっと社会人として、いろんな人と接して、様々な仕事を乗り越えて、経験を積まないと、自分が本当にやりたいことも、なりたい自分も分からなくなってしまうと思います。仮に仕事を辞めて転職しても、また、同じような不満で仕事を辞めたくなってしまうと思います。仕事を辞める癖や、逃げる癖、弱い気持ちになる癖は、染みついてしまうものです。そもそも100%理想的な会社も職場も存在しないと思います。どんなに優良企業でも人気企業でも、仕事をする上で嫌なことや辛いことは避けられないですからね。辛いことや嫌なことを乗り越えるのが仕事だと思います。新卒で社会人になって、1年も経たずに仕事を辞めたいと思っている人は、どうか、しがみついてでも3年間は踏ん張って欲しいです。3年間踏ん張れば、仕事のやりがいや楽しさを見つけることができるからです。感情的になり、勢いで仕事を辞めてしまいたくなる気持ちは痛いほど分かります。私も経験してきましたから。でも、感情的になり、勢いで仕事を辞めると、取り返しのつかないことになり、人生を狂わせてしまうのです。仕事を辞めても転職をしても、仕事からも会社からも自分からも逃げることはできません。戦い抜いて壁を乗り越えた人だけが得られるものがあるのです。せっかく就職したのだから、何かを得てから辞める辞めないを考えても良いのではないでしょうか?」

A自動車メーカー事務職:32歳:女性

「厳しいことを言うようですが、仕事が飽きた・・・なんて思っている人は、きっと給料分の仕事もできていない人だと思います。会社は組織です。あなたの上司や先輩は、あなたが給料をもらえるように、あらゆる方面から、あなたを支えてくれているのです。上司や先輩に恵まれているから、仕事ができなくても、給料が振り込まれるのです。1つの仕事を最初から終わりまで一人で完結することなんて、そもそもできないのです。もし、自分1人で仕事を完結させていると思っているなら、それは大きな勘違いです。勤続20年、30年のベテラン社員でも、他の社員の助けを借りないと、質の高い仕事はできないのです。質の高い仕事ができなければ、一人前の給料をもらうことはできないのです。つまり、何が言いたいのか?というと、一人前の仕事ができて、一人前の給料がもらえるのは、会社の上司や先輩や仲間がいるからです。そこを勘違いしていなければ、仕事に飽きたから辞めてしまおうか?なんて簡単に考えなくなるのではないでしょうか?転職は若いうちにしておくべき、なんてアドバイスをしてくる人もいますが、若くて経験もなくて戦力にもならない半人前の人材を、どこの会社が雇ってくれるのでしょうか?間違ったアドバイスに踊らされて若い社員が転職してしまい、転職後に後悔をするという場面を何度も見てきました。だから、転職をしない方が良いと言ったでしょ・・・なんて、こちらとしても言いたくないのです。私の経験から言うと、短期間で仕事に飽きて辞めてしまう人は、自己中心的なタイプが多いと思います。常に自分が自分がで、協調性も思いやりもない人が多いと思います。もっと仕事仲間や上司のために結果を出したい!なんて考えで仕事をすれば、やりがいなんて簡単に持てると思うのですが・・・私なんて、大好きな上司の喜ぶ顔が見たいから、仕事を頑張っているようなものです。」

B広告代理店企画部:34歳:男性

「僕は、30歳を過ぎてから今の仕事に転職しました。30歳を過ぎたら、転職をするのには勇気がいります。子供も2人いて、家のローンとかもあったので、かなり転職するかどうか迷いました。しかし、後悔はしたくないので転職してみたいという決断に至りました。もちろん、妻や妻の両親にまで相談して、みんなで話し合って決めました。独身で20代なら、もっと簡単に仕事を辞めて転職することができたでしょう。しかし、転職したことで家族が犠牲になるようなら、無責任なことだと思います。そういった意味では、転職後の年収がどうなるのかも重要だと思います。年収がアップするなら良いですが下がるのは問題だと思います。年収が下がってもやっていけて、家族も納得しているなら、問題ないですが、生活レベルが下がったり、家族に我慢させても、自分のやりたいことを優先させて転職するのはありえないことだと思います。30歳を過ぎているなら、転職できる年齢としてはギリギリなので、そのチャンスを逃したくないという気持ちは痛いほど分かりますが、必ず、家族と何度も相談して、転職後の生活をシミュレーションしてみましょう。そして、家族が少しでも反対するなら、踏み止まることも正しい道です。」

CIT企業ウェブデザイナー:36歳:女性

「仕事が飽きたから、辞めたいという考え方には賛成できません。なぜなら、マイナス思考で仕事を変えることになってしまうからです。マイナス思考のまま転職しても、その後も良い結果を出すことはできないでしょう。もし、仕事を辞めて転職したいなら、プラス思考で考えるようにしましょう。例えば、どうしても、あの仕事がやってみたいけど、今の会社に勤めている限り、その夢を実現することができない。だから今の会社を辞めて転職しよう!このようなプラス思考の考え方なら、私は仕事を辞めても後悔しないと思います。私も今までに転職を2回したことがありますが、どちらもプラス思考の理由で転職を決断しました。だから2回とも後悔していません。給料が下がったり、仕事時間が長くなったりしましたが、それでもやりたいことをやらせてもらって給料がもらえるという幸せは何ものにも代えがたいものがあると思います。」

Dアパレル販売員:38歳:男性

「仕事を辞めて転職をするかしないかを決める時に大切な要素が2つあると思います。それは、年齢と既婚者か独身か?という点です。年齢が30歳を過ぎていて、既婚者なら、絶対に仕事を辞めない方が良いと思います。仮に転職することができても、99%の確率で後悔することになります。ヘッドハンティングでもされない限り、30歳を過ぎて転職をすると、残念な結果になることが多いからです。自分1人なら転職に失敗してもバイトや派遣をやって、食べていくことはできますが、家族や子供がいたら、そうはいきません。仕事を辞めたことで家族が崩壊して離婚されてしまうかもしれません。仕事を辞めるということは、それだけリスクがあることなのです。仕事に飽きたから辞める・・・なんてのは通用しないし、あまりにも責任感が無さすぎると思います。30歳を過ぎて、家庭も持っているのに、仕事が嫌だからという理由で簡単に辞めてしまうのは、あまりにも幼稚な考え方だと思います。どうしても30歳を過ぎて仕事を辞めたいなら、起業して経営者になるべきです。それができないなら、仕事を辞めずに今の会社で働き、安定した収入をもらい、家族を守るべきです。30歳以上で独身の方でも仕事を辞めて転職することはおすすめできません。転職をすれば、せっかく長い仕事経験とキャリアを積んできたのに、それをリセットして、1からのスタートとなってしまうのです。30歳を過ぎて新人扱いをされ、年下の上司から叱られるのは正直辛いと思います。しかも、30代後半くらいになってくると、どんどん体力も落ちてくるし、記憶力とかも弱くなってきます。40代、50代になったら、老化がさらに激しくなります。そんな時、会社員としての自分を助けてくれる武器が、長いキャリアと経験なのです。会社からすれば、自社で長い経験とキャリアがない老兵は、人件費の無駄なのでリストラ対象とされてしまうのです。今の会社に踏み止まり、将来の目標を持つことです。目標を持てば仕事が楽しくなります。」

仕事に飽きてしまったら工夫して変化をつけてみましょう

仕事に飽きてしまう最も大きな原因は、「毎日、同じような仕事を繰り返すこと」です。ルーチンワークじゃなくても、毎日、同じような業務を繰り返していると、どうしても飽きてしまうのです。入社して1年や2年なら飽きることもないですが、3年、5年、10年となると、さすがに飽きてしまうのです。

仕事に飽きてしまうと、辞めたいとか、転職したいとか考えるようになりますが、そのような浅はかな理由で仕事を辞めないでください。絶対に後悔してしまうからです。仕事に飽きたなぁ・・・と思ってきたら、毎日の同じような仕事を工夫して変化をつけてみましょう。

例えば、営業職なら、マニュアル通りのやり方ではなく、自分で営業戦略を立てて、目標を掲げて、その目標を達成するために仕事のやり方に変化をつけてみましょう。

事務職なら、書類作成やパソコンによる作業を自分なりの考えで改善したり、1つアイデアを加えたりすることで変化をつけてみましょう。書類の見やすさを改善するだけでも、やりがいが持てるようになるのです。

販売職なら、顧客の年齢層や性別やタイプなどを分類し、マーケティングしてみるのも面白いでしょう。どのような年齢層と性別とタイプの顧客に、どのような商品が売れているのか?まとめて資料にし、上司に提出するだけでも喜ばれることでしょう。

このように、どのような職種でも仕事のやり方を変えて、工夫してみることで、飽きずに楽しく仕事をすることができるようになるのです。

前向きに仕事をする目標や自分を成長させるキャリアビジョンを持つことで、さらに仕事に対するモチベーションを高めることができるのです。

飽きてしまうほど楽な仕事だとプラス思考で考える

「仕事に飽きた・・・辞めたい・・・」とマイナス思考で考えるのではなく、「飽きてしまうほど楽な仕事がで給料がもらえて自分は幸せだ!ラッキーだ!」とプラス思考で考えてみましょう。物事は考え方次第で、いくらでもポジティブになれるのです。

実際に、このようなご時世で、飽きてしまうほど楽な仕事で給料がもらえるのは、非常に恵まれていることだと言えるのです。世の中には、寝る時間も帰宅する時間もなく、缶詰状態で激務を強いられて、体調を壊したり、精神的な病になりながらも、収入のために家族のために無理をしている人も大勢いるのです。

そんなブラック企業のような会社で、激務に耐えながら生き地獄のような仕事をするよりも、飽きるほど楽な仕事で給料がもらえてラッキーだと思った方が、幸せだと思えるのです。仕事が飽きるほど楽なら、余力もあるはずなので、オフタイムを利用して、趣味に没頭してみてはいかがでしょうか?

仕事にやりがいや楽しさを求めずに、休日や仕事帰りに好きなことに没頭することで、人生が楽しくなり、仕事を辞めたいなんて気持ちを吹き飛ばすことができるのです。仕事を辞めて転職できたとしても、100%楽しくて、やりがいを感じる仕事なんて、滅多に見つかりません。

きっとまた、同じような不満が出てきてしまうことでしょう。まだ、転職先が見つかれば良いですが、安易な理由で仕事を辞めてしまうと、なかなか次の仕事が見つからず、ブランク期間が長くなり、どんどん転職活動をする上で不利になってしまいます。

そうなると選択肢も少なくなり前職よりも条件も待遇も職場環境も悪い求人しか選べなくなってしまうのです。実際に安易に仕事を辞めたことで、ブラック企業に転職してしまった・・・というケースもあるのです。

また、安易に仕事を辞めることで、正社員として再就職することができなくなり、仕方がなく派遣社員やアルバイトをして食いつなぐという悲惨な結果になってしまうこともあるのです。

楽しくて、やりがいのある仕事に就けている人はいるのでしょうか?

果たして、世の中に楽しくてやりがのある仕事に就けている人は、どれくらいいるのでしょうか?本当に限られた一握りの人達でしょう。その人達は、きっと仕事に飽きたなどと思わないのでしょうね。仕事に飽きてしまい辞めたいと思っている人は、その一握りの人達を羨むことでしょう。

しかし、その一握りの人達は、絶対にやりたい仕事に就くために、人の何十倍、何百倍も努力してきたのです。だから、その一握りの人になれたのです。努力も我慢もしない人は、一握りの人達を羨んではいけないと思います。

また、楽しくてやりがいのある仕事に就けたからといって、不満が1つもないか?と言ったら、決してそのようなことはないのです。楽しくて、やりがいがある仕事の裏には、「給料が安い、安定しない、常に努力や勉強を続けないといけない、自分のスキルで食べていくプレッシャー」などが隠されているのです。

要するに、楽しくて、やりがいがって、不満が1つもない、辛い部分も1つもない仕事なんて存在しないということです。どんな仕事に就くにせよ、その仕事を楽しくさせるのも、つまらなくさせるのも、自分の考え方次第なのです。

その仕事の嫌な部分ばかりに執着すると、どんなに頑張っても魅力は感じないのです。逆に、その仕事の良い部分を見ようとすれば、いくらでも、やりがいや魅力を見つけることができるのです。

飽きた・・・なんてネガティブに考える前に、自分の仕事の良い部分や魅力を探してみましょう。

仕事を辞めた後の惨めな生活を想像してみてください。

仕事に飽きたからといって、辞めてしまえば、次の仕事を見つけられるか分かりません。感情的になり勢いで仕事を辞めてしまう人も多いですが、そのような人達は「辞めても転職すればいい」という考えが頭にあるのです。

しかし、いざ転職活動をしてみたら、書類選考すら通らない・・・なんてことが起こりうるのです。転職する人のキャリアやスキルや年齢にもよりますが、前職よりも良い条件の仕事を見つけるのは至難の業と言えるのです。

特に、新卒で就職して、数ヶ月で退職した方や、40代を過ぎている方は、かなり転職活動で不利になってしまうことでしょう。後先を考えずに、仕事を辞めてしまえば、惨めな失業生活を送らなければいけなくなるのです。

仕事が見つからずに、失業してしまった時の自分をリアルに想像してみてください。「貯金はどんどん無くなり、家賃も光熱費も保険料も税金も払えなくなり、マンションを追い出されてホームレスになってしまうかもしれません。

家族からも親戚からも友達からも見捨てられてしまうかもしれません。借金をして、厳しい取り立てをされてしまうかもしれません。家族も崩壊し離婚されてしまうかもしれません。

最後は四畳半のボロアパートで過労死してしまうかもしれません・・・」どうですか?仕事を辞めたいという気持ちが少し減ったのではないでしょうか?

どうしても仕事を辞めたいなら転職の準備をしてから辞めましょう。

仕事は辞めない方が良いに決まっています。まして、仕事に飽きたという理由なら、尚更、辞めない方が良いでしょう。しかし、どうしても我慢できずに辞めざるを得ない時もあるでしょう。

例えば、「職場の人間関係がギスギスしていて、陰湿なイジメを受けて、精神的に追い詰められている」このような問題は、自分が努力をして改善できるものではないので、うつ病になってしまう前に仕事を辞めた方が良いでしょう。

他にも、仕事を辞めざるを得ない理由はあると思います。追い詰められていると、後先のことを考えずに仕事を辞めてしまいますが、そのような辞め方をしてしまうと、「次の仕事が見つからない・・・不採用ばかり・・・」という事態になってしまうので注意が必要です。

すぐにでも仕事を辞めたい気持ちは分かりますが、しっかりと転職の準備をしておくことが肝心です。まず、転職がなかなか決まらなかった場合を想定して、まとまった額の貯金をしておきましょう。独身の場合は最低でも100万円、既婚者で家族を養っている場合は、最低でも200万円くらいの貯金があった方が良いでしょう。

2つ目は、「本当に今の自分のキャリアやスキルで雇ってくれる転職先があるのか?」リサーチすることです。「きっと転職できるはず・・・」ではダメです。転職できるかリサーチするための最も簡単で効果的な方法は、転職サイトや転職エージェントに登録することです。

仕事を辞める前に転職サイトや転職エージェントに登録することで、自分の市場価値を知ることができるのです。転職サイトで、どれくらいのスカウトやオファーが来るのか?転職エージェントで面談を受けて、どれくらいのレベルの求人を紹介してもらえるのか?

また、キャリアアドバイザーに相談して、採用される確率はどれくらいあるのか?このようなリサーチを事前にしておくことが大切です。もし、キャリアが足りなければ、嫌でも今の仕事を続けてキャリアを積むしかないのです。

転職できないのに辞めても無職になってしまいますからね。そのような場合は、仕事の目標をしっかりと立てて、あと何年で、どこまでキャリアを積んで、転職を成功させるのか決めることが重要です。もし、スキルが足りなければ、転職に必要な資格を取得したりすることも有効です。

これらの努力は全て仕事を辞める前にやっておくべきです。仕事を辞めてから、転職に向けた努力を始める人もいますが、それでは、すぐに貯金が無くなって生活が立ち行かなくなってしまうのです。

家族や子供や住宅ローンがプレッシャーになっている方へのアドバイス

「仕事を辞めてしまいたい・・・」という悩みを持たれている方は、もしかしたら、仕事ではない面に問題を抱えている可能性も往々にしてあります。例えば、「家族や子供を養っていかなければいけない」という気持ちがプレッシャーになり、仕事にも私生活にも悪い影響を与えている場合があります。

また、住宅ローンや教育費の貯蓄などもプレッシャーになることでしょう。そういったプレッシャーをプラスに考えて、仕事を頑張る力に変えることができる人もいれば、その逆で、プレッシャーがストレスになり大きな負担となってしまう人もいるのです。

後者の場合は、家族を持ったこと、家を買ったこと、子供を作ったことを後悔してしまうかもしれません。もし、このような辛い気持ちになってしまったら、家族に相談してみましょう。配偶者や両親に辛い気持ちを聞いてもらうだけでも、ずいぶんと楽になるのです。

特に配偶者は頼りになります。「耐え難い辛さなら、共働きで頑張るから、仕事を辞めて当分、休めば?」と言ってくれるかもしれません。自分だけで家族を支えよう、守ろうと思うから気持ちが重くなってしまうのです。

真面目な人ほどプレッシャーに感じてしまうのかもしれません。こんなふうに考えてみてはいかがでしょうか?「私は家族が持てて幸せだ!子供もいて幸せだ!普通に働けて毎日ご飯が食べられるのは幸せだ!病気もなくて幸せだ!全ては家族がいるからこその幸せだ!」どうですか?幸せなことばかりですよね?

家族がいることをプレッシャーに感じるのではなく、ありがたいと思うことで、初めて、「この家族を失いたくない!!」と心の底から思えるようになるのです。

30代後半から40代は仕事を辞めたくなる時期。乗り越えろ!

30代後半から40代になると、「仕事を辞めたい」と思う人が多くなります。

辞めたくなる理由は様々ですが、「20年近く続けてきた仕事に飽きた。仕事をこなせるのが当たり前になってきて評価されることもなく刺激がない。仕事で成果を出しても評価されないのに、部下の失敗の責任はしっかりととらされる。」といった、いかにも中間管理職のジレンマを吐き出すような理由となっているのです。

このような不満や辛さに耐えられなくなり、新しい仕事と職場を求めて40代で転職をしてしまう人も少なくありません。しかし残念ながら、30代後半や40代で転職をした人の大半は、「転職しなければ良かった・・・」と後悔する結果となります。

ヘッドハンティングでもされない限り、前職よりも良い条件や待遇で転職できることは稀だからです。前職よりも条件や待遇が悪くなるだけならマシですが、もしかしたら転職先が1つも見つからないかもしれません。

また、40代で転職して1から新入社員のように仕事を始めるのは、体力的にも精神的にも予想をはるかに超える過酷さがあるのです。40代になると、体力も記憶力も精神力も衰えてきてしまいます。これは仕方がないことです。

そんな時に転職して、何のメリットがあるのでしょうか?どうですか?これが40代で転職するという厳しい現実です。仮にヘッドハンティングされた場合でも、家族がいて住宅ローンがあって守るものがたくさんある方は転職しない方が良いでしょう。

ヘッドハンティングされて年収が上がったのは良いものの、職場の人間関係馴染めず転職後、数ヶ月で仕事を辞めてしまう方も多いからです。

あなたは既にリストラ対象にされているかもしれません!?

もし、あなたが「仕事に飽きた・・・」なんて思ったり発言したりしているなら、既にリストラの対象にされているかもしれません。上司から肩を叩かれることを覚悟した方が良いかもしれません。これは脅しではなく事実です。

一昔前なら、仕事ができない社員でも上司にお世辞が言えればクビになるどころか出世することもできました。しかし、時代は変わり、今では、仕事ができない社員はリストラの対象になってしまうのです。日本企業もグローバル化し競争が激しくなっているので、企業も生き残りをかけて必死なのです。

だから使えない、利益を生み出さない人間は切られてしまうのです。「仕事に飽きた・・・」なんて態度で仕事をしていれば、たいした仕事はできていないと予測されるので、いつリストラされてもおかしくないのです。

上司から肩を叩かれる前に、心を入れかえて一生懸命仕事をしましょう。仕事があって給料がもらえるだけでも、恵まれていることなのです。「仕事を辞めたい・・・」と思いながら、惰性で手抜きの仕事を続けていれば、自分から仕事を辞めなくても、リストラされて辞めざるを得なくなるかもしれませんね。

リストラ後に、収入がなくなり次の仕事も見つからず、家族とも離ればなれになって初めて、「前の仕事をしていた時は幸せだったんだ・・・」と気付くのです。

もしかしたら、あなたは燃え尽き症候群になっているかもしれません。

「仕事に飽きてしまい、辞めたい・・・」そんなふうに考えるあなたは、燃え尽き症候群になっているかもしれません。飽きているのではなく、疲れ切っているのではないでしょうか?自分の限界を超えて仕事をすれば、やりきれなくなり燃え尽き症候群になってしまうのです。

仕事はもちろん、私生活でもポジティブな考えがもてなくなり、「何もする気がしない・・・」と考えるようになったら、燃え尽き症候群の疑いアリです。真面目で誠実に業務をこなす人ほど、燃え尽き症候群になりやすいので特に注意が必要です。仕事で行き詰まったら疲れてきたら、上手にリフレッシュして心も体も健康に保つことをおすすめします。

趣味や楽しみがなく仕事一筋な人ほど、燃え尽き症候群に成りやすい傾向があるのです。仕事を始めたばかりの頃は、理想や目標があったはずです。しかし、理想や目標はそう簡単に達成できるものではありません。

それでも真面目に一生懸命に人の何倍も仕事をしてしまい、それでも理想や目標が見えてこないと、やりきれない気持ちになり、燃え尽き症候群になってしまうのです。理想や目標を持つことは仕事をする上で高いモチベーションを維持する要素となりますが、人によっては、それが諸刃の剣のようにプレッシャーや負担となることがあるのです。

肩の力を抜いて、楽しみながら仕事をした方が良さそうですね。まぁ、仕事をしていれば、誰だって数年に1回くらい燃え尽き症候群のような気持ちになることも多々あるのです。

だから、それほど気にせずにやり過ごせば、また仕事も私生活もモチベーションが上がってくると思います。

理想と現実のギャップに押しつぶされないためには?現場を知っておくこと。

せっかく就職できたのに、わずか数ヶ月で辞めてしまう若者が急増しています。数ヶ月で辞めてしまう原因の1つとして挙げられるのが、理想と現実のギャップに押しつぶされてしまうというものです。社会人経験がない学生の頃は、いろんな仕事に憧れを持ちます。

例えば、女性ならアパレルショップの店員さんなどに憧れを持つのではないでしょうか?アパレルショップの店員さんは、お洒落だし、カッコいいし、友達にも自慢できる仕事だと思います。しかし、アパレルショップの店員さんにも理想と現実のギャップがあります。

実際に仕事をしてみると、「長時間立ちっぱなしで足がガクガクするし、土日祝日は休めないから、週末に友達と遊んだり彼氏とデートすることもできないし、その割には給料が少ないし・・・」など、理想と現実のギャップに押しつぶされてしまうのです。

男性なら広告代理店の営業マンなどに憧れを持つのではないでしょうか?広告代理店の営業マンは、華やかでカッコいい仕事に思えるし、年収も高いことでしょう。しかし、広告代理店の営業マンにも理想と現実のギャップがあります。

実際に仕事をしてみると、「クライアントからの無理な要求にストレスが溜まり胃が痛くなる。理不尽な仕事を任されて、板挟みになることもある。土日も接待ゴルフに付き合わなければならない。」など、理想と現実のギャップに押しつぶされてしまうのです。

理想と現実のギャップに押しつぶされて、仕事を辞めてしまわないためには、就職や転職をする前に、しっかりと仕事の現場を見ておくことが肝心です。仕事の現場を見学したり、許可を得て訪問させてもらいましょう。

現役社員の仕事を見学するだけでなく、休憩時間まで待って、質問をさせてもらいましょう。質問内容は、その仕事をやっていて辛い、苦しい、嫌だと思うデメリットを教えてもらうのです。

その仕事のデメリットを全て把握し、それでも、その仕事がしたいと思ったら、就職や転職をしても後悔はしないでしょう。

すぐに「仕事を辞めたい」と思ってしまう人のタイプRanking

すぐに仕事を辞める悪い癖がついてしまっているタイプ

どんな仕事に就いても短期間で嫌になって辞めてしまい、転職を繰り返してしまうタイプです。不満がある場合なら、まだ辞めたくなる気持ちも分かるのですが、癖になってしまうと、不満がなくても仕事を辞めたくなってしまうのです。

20代のうちは、短期間で仕事を辞めても、転職活動をすれば次の仕事が見つかることでしょう。しかし、30代を過ぎると、いっきに仕事の選択肢が少なくなってしまいます。そして、35歳を超えてしまえば、かなり悪い条件でしか転職をすることができなくなってしまうのです。

まだ、正社員の転職先があれば良いほうで、場合によっては非正規社員の働き口しか見つからないことも考えられるのです。「仕事が飽きた」という浅はかな理由で1度でも仕事を辞めてしまうと、転職しても忍耐力がなくなり、すぐにまた仕事を辞めたくなってしまうのです。

それが悪い癖になってしまえば、転職回数ばかり増えてゆき、そのうち、どの会社でもお払い箱となってしまうのです。30代や40代になっても、派遣社員やアルバイトで年下に指示されるのは本当に辛いですよ。

すぐに仕事を辞める悪い癖をつけないためには、仕事に就いたら多少の嫌なことがあっても我慢して、目標を持って仕事を続けることです。

目標を持って仕事を続ければ、キャリアもスキルも身につくので、それを武器にして転職をすれば、キャリアアップ、スキルアップ、年収アップの転職に成功できるのです。

職場の人間関係でトラブルや問題を起こしてしまうタイプ

まず、何よりも先に伝えておきたいのは、「職場には相性が合う好きな人よりも、相性が合わない嫌いな人の方が圧倒的に多い」という厳しい現実です。これを理解していないと、何回転職しても人間関係の辛さで仕事を辞めたくなってしまいます。

仕事は遊びや仲良しクラブではありません。みなさん、生活のため、家族のために真剣勝負で働いているのです。そりゃあ職場の人間と仲良くやれるに越したことは無いですが、仲良くしたいと思っても、意地悪な人や、攻撃的な人や、悪口ばかり言っている人が、職場には腐るほどいます。

そのような人達と合わせるのも会話するのも接するのも面倒だし、ストレスになりますが、そのような人達とうまく人間関係を築いていくことも、「働く」ということなのです。「嫌いな人と接したくないから」という理由で仕事を辞めていたら、10回転職しても100回転職しても、問題を解決することはできないでしょう。

「職場の上司や先輩や同僚と絶対に仲良くならなければいけない!コミュニケーションがとれないとダメ!」などと、極端に意識しすぎるから、ストレスになってしまうし、まわりの人からどう思われているのか気になってしまうのです。

「職場には味方よりも敵が多いけど、お金を稼ぐために、要領よく嫌われないように、うまくやっていこう!怒られたら、適当に謝っておけばいいさ!」これくらいのノリで仕事をすれば、人間関係でグジグジと悩むことはありません。

特に直属の上司は、どんなに相性が悪く嫌いなタイプでも敵に回してはいけません。直属の上司を敵に回せば毎日が地獄となってしまうことでしょう。上司がどんなに苦手なタイプでも、一通りの仕事をすべて一人でできるようになるまでは、無理して合わせてでも好かれるように立ち振る舞っておきましょう。

そういった我慢や忍耐も仕事を続けていく上では必要な能力なのです。

今の仕事の条件や待遇では満足できないタイプ

「自分はもっと責任のある大きな仕事をすべき人間だ!」「今の年収額では満足できない!」そんなふうに考える方もいることでしょう。自分に自信を持つことは悪いことではないですが、過剰な自信家になってしまうと判断や選択を誤ってしまう危険性が出てきます。

このようなタイプは、常に向上心を持って上を目指すというよりも、隣の芝生ばかり見て、羨ましく思ってしまう悪い癖がついてしまっているのです。だから、何度転職して、ポジションが良くなっても、昇進しても、年収が上がっても、気持ちが満たされないのです。

このようなタイプの人が最終的に行き着く先は、「自分を見失い仕事ができなくなる」という結末です。転職を繰り返すだけで、どこの会社でも、どんな仕事でも、地に足を付けて働くことができず、結局は、どれも中途半端なキャリアとスキルが残るだけとなってしまうのです。

向上心を持って上を目指すことは立派なことですが、その時々の自分に満足できなければ、いつになっても仕事を辞めたいという気持ちを消すことはできないでしょう。年齢的にも、転職できる限度があります。

ポジティブな転職でも、転職できる回数うにも限度があります。今の仕事の条件や待遇に満足できず、どうしても転職がしたいなら、20代後半までに転職をしておきましょう。

30代を過ぎてから転職をすると、逆に転職することで条件や待遇が悪くなってしまう可能性が高くなるので、注意が必要です。

社会人としての常識やルールが守れないタイプ

「無断欠勤や遅刻をしても反省しない。上司にも顧客にもタメ口で話す。清潔感がない。謝罪やお礼ができない。自己中心的で協調性がない。」このような社会人としての常識やルールが守れない方は、どこの職場で嫌われてしまいます。

嫌われる以前に、会社員としてやっていくことができないでしょう。当然、努力して社会人としての常識やルールを覚えないと、上司からも先輩からも同僚からも嫌われてしまいます。態度をあらためないと、誰からも相手にされず孤立してしまうことでしょう。

そうなれば仕事もできなくなり、最後は解雇されてしまうことでしょう。若い人の中には、アルバイト気分や学生気分が抜け切れていない状態で、社会人になってしまう人もいますが、そのような緩い気持ちで就職をしてしまうと、一発でまわりから嫌われてしまうので十分に注意しましょう。

アルバイトなら遅刻しても無断欠勤しても辞めれば済む話ですが、社会人になったら、そんな簡単にはいきません。勢いで仕事を辞めてしまえば、職歴に傷がついてしまうので、転職するのも難しくなってしまうのです。

新卒で就職したのに、アルバイト気分や学生気分が抜け切れておらず、非常識な態度で仕事をしてしまい、職場で嫌われて、仕事を辞めてしまう若者も少なくないのです。新卒で就職した若い人が、短期間で仕事を辞めてしまえば、雇ってくれる転職先など皆無なのです。

結局は、正社員の仕事が見つからず、派遣社員やアルバイトのまま30代突入・・・結婚もできない・・・国民年金も払えない・・・という末路をたどってしまうのです。

仕事のデメリットや辛い部分にだけ目がいってしまうタイプ

「残業が多い、休日出勤が多い、給料が安い、上司が怖い、ボーナスが少ない、仕事がつまらない、人間関係がギスギスしている」などなど、仕事のデメリットや辛い部分に目を向ければ、きりがないほど悪い部分が見えてきてしまいます。

しかし、仕事のデメリットや辛い部分は、転職をしてもなくなることはありません。なぜなら、どんなに魅力的でみんなが羨むような優良企業に転職しても、必ず、同じようにデメリットや辛い部分が存在するからです。

仕事のデメリットや辛い部分から逃げるために、転職を繰り返していたら、履歴書や職務経歴書の職歴欄に書ききれないくらい転職回数が増えてしまいますね?そんなことになれば、もはやどこの会社でも雇ってもらえなくなってしまうことでしょう。

そんなことになる前に、今の仕事のメリットや良い部分にだけ目を向けてみましょう。例えば、「残業や休日出勤が多いけど、その分、給料が多くもらえる!給料が安いけど、その分、仕事が楽だ!上司は怖いけど、仕事ができる人なので、自分を成長させることができる!」どうですか?

このようにプラス思考で見れば、デメリットをメリットに変えることができてしまうのです。どんな仕事でも必ずデメリットや辛い部分があるように、どんな仕事でも必ずメリットや良い部分があるのです。

それを見つければ、仕事を辞めたいと思う気持ちも和らげることができるでしょう。

転職回数が多いことは、必ずしもデメリットであるとは言えない!?

「すぐに飽きてしまい仕事を辞めてしまう・・・」という言葉だけを見れば、マイナスイメージしか湧いてきませんが、必ずしも転職回数が多いからといって、すべてがデメリットであるとは言えません。

人によっては、就職しても、すぐにすべての仕事をこなせるようになってしまい、上司よりも仕事ができるようになってしまい、キャリアアップするために転職を繰り返すこともあるでしょう。そのような理由で転職を繰り返すなら、転職をするたびにキャリアアップやスキルアップをすることができるでしょう。

日本企業の採用担当者も、どんどん欧米化してきているので、転職回数が多いというだけで減点されることは少なくなってきているのです。もちろん、単なる不満や仕事がしたくないという理由で、転職を繰り返しているならマイナスだらけなので不採用となってしまうでしょう。

しかし、そうではなくて、向上心を持ち自分を成長させるために転職を繰り返しているなら、むしろプラスになるのです。肝心なのは、積み重ねてきた1つ1つの仕事経験を、次の仕事にどう活かすのか?常に考えながら仕事に取り組むことです。

そのような考えを持って仕事に取り組むことができれば、転職回数が多くても短期間しか働かなくても、他の人の何倍もスキルを磨くことができるのです。

要するに、勤続年数が長ければ良いというものではなく、経験してきた仕事の中で、「何を吸収してきたのか?何を学んできたのか?それを、どうやって転職先の仕事に活かすことができるのか?」を常に考えながら仕事に取り組むことが最も重要なのです。

仕事に飽きないように努力や工夫しても上司に邪魔されてしまう?

今の仕事の飽きないようにするためには、努力や工夫をすることが必要です。ルーチンワークや退屈な業務内容でも、仕事のやり方を変えてみたり、目標を持ったりすることで、仕事に飽きることを防ぐことができます。

しかし、それを阻止しようとする上司も多いので困ってしまうのです。上司からすれば、部下には言われた仕事だけやっていて欲しいのです。やり方を変えたり、目標を持ったりすることを好まない上司が非常に多いのです。

仕事に飽きてしまうのを未然に防ぐために、こちらとしては努力や工夫をしたいだけなのに、それを上司に邪魔されてしまうと、さらに仕事に対するやる気がなくなってしまうのです。上司に逆らって、仕事のやり方を変えたりしてしまえば、その後、働きにくくなってしまうことでしょう。

しかし、仕事のやり方を変えない限り、飽きてしまい、仕事を辞めたくなってしまうのです。このようなジレンマに悩まされている社員は非常に多いのです。このような問題を解決するためには、もっと理解力のある上司を増やすしかないと思います。

より多くの成果を出すために、仕事のやり方を変えたり、目標を持つことは、会社にとってもプラスになることです。部下が成果を出せば、上司の評価にもつながるので、本来なら喜ぶべきことなのです。しかしながら、上司としては、「波風を立てたくない」と考える人が多いので、どうしても部下に対して「余計なことはしないで欲しい」と思ってしまうのです。

余計なことをして、仕事で失敗をされるリスクの方が高いと考えてしまう上司が多いということです。新しい挑戦には失敗もつきものです。失敗を恐れていたら、成長はできません。

そのことを理解できる上司が増えれば、もっと若い社員が成長できるチャンスが広がるのに・・・と残念に思ってしまいます。部下が変わりたい!目標を持ちたい!と思っているのに、それを阻止することで、仕事に飽きてしまい、仕事を辞めてしまえば、結局は、部下が辞めてしまった責任をとらされることになるので、上司としては大きなマイナスとなってしまうのですが・・・そのリスクの方が高いのでは?と思ってしまいます。

何はともあれ、自分の保身ばかりではなく、どうやって育てたら部下がより成長できるのか?そこを重視する上司が少ないことが最も問題視すべき点だと思います。

単純作業の仕事は、すぐに飽きてしまうほど退屈でつまらない仕事?

「単純作業の仕事だから、すぐに飽きてしまい辞めたくなる・・・」と感じる人が多いみたいです。しかし、どんなに退屈な単純作業でも、無駄な仕事は1つもないのです。1つ1つの単純作業を正確にこなせる人がいなければ、その会社は利益を生み出すことができないのです。

単純作業で飽きてしまうと感じる人は、自分の仕事に誇りが持てずに自信がなくなっているのでしょう。「自分には、もっと向いている、アドレナリンが出るような楽しい仕事があるはず!」と思ってしまいがちですが、そのような仕事に転職するのはハードルがかなり高いのです。

そもそも、どんな仕事でも最初は楽しくやりがいもあるように感じますが、数ヶ月もすれば飽きてしまうのです。ベンチャー企業などの求人を探せば、かなり激務で厳しい営業の仕事なんて腐るほどあります。そのような企業に転職すればスリリングな毎日となることでしょう。

しかし、単純作業から解放される代わりに、「成果を出さないと解雇されてしまう・・・」というリスクを背負わされることになるのです。つまり、スリリングでアドレナリンが出るような仕事には、魅力もあるけど、それ以上にリスクもあるということです。

そのような世界で生き残っていけるのは、本当に一握りの能力があって幸運の女神がついている人だけなのです。そのようなリスクを背負うくらいなら、単純作業の仕事でも安定した収入を稼ぐことができる仕事にとどまっていた方が安心できると思います。

仕事が単純作業で飽きてしまうなら、仕事以外のプライベートでスリリングでアドレナリンが出るような趣味や体験をすれば良いのです。仕事に楽しみやスリルを求めるという考え方が間違っているのです。

プラス思考で考えると、「単純作業の簡単な仕事で、安定した収入を得ることができているなら、これ以上、良い職場はない!」と考えられるのです。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る