仕事が合わないけど続けるための3つの改善策|仕事のメリットを見つける|自分のために仕事をしてみる|仕事を辞めて失うものは?

仕事が合わないけど続けるための3つの改善策|仕事のメリットを見つける|自分のために仕事をしてみる|仕事を辞めて失うものは?

スポンサードリンク



仕事が合わないけど続けるための3つの改善策

続ける

1、仕事の良い部分やメリットを見つけてみる

仕事が合わないと思っている人は、たいてい、仕事の悪い部分やデメリットにしか気持ちがいっていないことが多いのです。だから合わない・・・辛いと感じてしまうのです。仮に優良企業に転職することができても、悪い部分やデメリットが1つもない会社はこの世に存在しないのです。

つまり、どんな会社で働く場合でも、ある程度、デメリットや仕事の辛さ、不満を我慢しなければ仕事を続けることができないということです。どうせ転職しても同じように合わない部分が出てくるなら、転職をしないで今の会社に踏み止まった方が良いですよね?

リスクのない転職なんてないので、転職することで、状況がもっと悪くなってしまう可能性の方が高いですからね。だったら、仕事を辞めると決めてしまう前に、今の会社の仕事内容や待遇面や人間関係のメリットというか、マシな部分を探していきましょう。

勤務している会社内しか見ていないとデメリットしか見えてこなくなってしまうので、気分を変えて、例えば、同級生や友達や幼馴染の会社を訪問してもて、仕事のデメリットや不満などを聞いてみましょう。他社のデメリットや不満や悩みなどを聞くことで、自分の今の状況がいかに恵まれているのか?認識することができるのです。

もし、話を聞いてみても、やはり自分の勤務している会社は、他社よりもデメリットが多く、ブラック企業に近い・・・ということなら、その時、はじめて転職を実行すれば良いのです。


スポンサードリンク



2、給料のためではなく自分のために仕事をしてみる

仕事をしている正社員のうち、かなり多くの割合の人が、給料のために仕事をしています。仕事や会社を生活するために必要のものと考えるのは、決して間違いではありませんが、なんだか給料のためだけに人生の大半の時間を費やすのは虚しいですよね?

しかし、仕事は楽しいことよりも、辛くて苦しくて厳しいことの方が多いので、どうしても給料のため、家族のため、住宅ローンのために働いてしまう人が多いのです。しかし、給料のためだけに働いていると考えるから、仕事を続けるのが辛くなってしまうのです。

確かに、給料をもらうことも仕事を続ける目的ですが、やりがいを持って楽しく仕事をするためには、是非とも自分のために仕事をしてみてください。どんな仕事でもどんなポジションでも、仕事に対する取り組み方や考え方を1つ変えるだけで、自分をスキルアップさせることができるのです。

気持ちを切り替えることで、以前まではつまらないと思っていた仕事が、魅力的に見えてきたりするものです。仕事に自分なりの目標や課題を持ち、それを達成することで、自分を成長させると考えれば、仕事を楽しく意欲的に続けることができるようになるのです。

もし、今の部署や担当している業務で、やりがいや目標を見つけることができないなら、上司を納得させる理由をつけて、部署や担当業務を変えてもらいましょう。納得のいく理由があれば、変えてもらえることでしょう。転職するくらいの勇気と行動力があるなら、部署変えや担当業務の変更を申し出るくらい、たやすいことなのです。


スポンサードリンク



3、仕事を辞めて失うものを数えてみる

仕事が合わないからと言って、勢いで辞めてしまえば、失うものも多くなります。まず、毎月安定的に振り込まれていた収入がなくなります。失業期間が長くなれば、家賃も光熱費も払えなくなり、住む場所も食べる物もなくなることでしょう。

せっかく正社員として就職した仕事を辞めれば、親や家族をガッカリさせてしまうかもしれません。既婚者で子供もいて住宅ローンもあるなら、仕事を辞めたことで離婚されたり家庭が崩壊してしまうかもしれません。仮に転職に成功したとしても、転職先の職場に馴染めるか?仕事を続けていくことができるか?保証はないのです。

ほとんどの場合、よほどの好条件で転職しない限り、前の仕事を続けていれば良かった・・・という結果になってしまうのです。転職するということは、それぐらい大きなリスクがあるということです。もし、勢いで仕事を辞めて、転職に成功したとしても、転職先の職場の人間関係がうまくいかなかったり、仕事に不満が多かったりすれば、再度、転職を考えるようになるでしょう。

こうして、何度も転職を繰り返すことで、短期間の職歴が増えてしまい、最終的にはどこの企業でも正社員として雇用してもらえなくなってしまうのです。だからこそ、今、転職を考えている人は、「本当に努力や工夫をしても今の仕事を続けることはできないのか?」じっくりと考えて欲しいのです。

どうしても転職したい方は、今の仕事を辞めずに転職活動をしてみてください。転職エージェントなどを利用すれば、今の仕事を辞めずに転職活動を両立させることができると思います。転職活動を始めてみると、自分の市場価値や転職できる可能性を知ることができるので、厳しい現実を垣間見ることができるのです。

ほとんどの場合、採用される可能性のある転職先は、今の仕事よりも条件が悪いものばかりなのです。「はやまって転職しなくて良かった!」と思うことが多いのです。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る