「仕事が合わない。辛い。」と感じた時の3つの解決方法

「仕事が合わない。辛い。」と感じた時の3つの解決方法

スポンサードリンク



「仕事が合わない。辛い。」と感じた時の3つの解決方法

仕事が合わない。辛い。

1、すぐに辞めるという選択肢もアリです!

仕事が合わない、辛い、と思い続けて働き続けるのは、生き地獄でしょう。どんなにプラス思考で考え直しても、辛さが消えないなら、その会社に踏み止まっても辛いままでしょう。1つの会社に骨を埋めた年功序列の時代ではないのですから、生き地獄で我慢せずにスパッと転職してみちゃうのもアリだと思います。

ただし、浅はかな理由で転職をするのは絶対にダメです。仕事が合わない、辛いと思う原因を探ってみましょう。もし、原因が「上司が嫌い、給料が安い、働くのが嫌い」など中学生レベルの理由なら、どこに転職しても辛さは変わらないと思います。

というか、そのような理由で退職しても、転職先は見つからないでしょう。だったら選択肢は2つです。今の会社に踏み止まり、できる限り辛さを感じないように給料のためだけにテキトーに仕事を続けるか?正社員をやめて負担や責任のない派遣やバイトに転職するか?どちらも選択肢としてはアリだと思います。

難しいことだと思いますが、もう1つだけ選択肢があります。それは、生き地獄の会社に踏み止まり、辛さを乗り越えて、仕事で結果を出して、やりがいを見つけるという選択肢です。これができればベストですが、なかなか容易に実現できることではないですよね?でも、もし、頑張れるなら転職なんてしないで踏み止まった方が、あとになって良かったと思えるかもしれません。


スポンサードリンク



2、正社員にこだわる必要はない?

一昔前なら、「働くこと=正社員として雇用されること」という風潮がありましたが、今は時代が変わりました。雇用形態にこだわらず、ライフワークバランスを重視して、契約社員や派遣社員やアルバイトなどの非正規社員として働く若者が増えています。

やりたい仕事をやりたい時間だけ必死になってやりつつ、プライベートも充実させる。まさに理想的な働き方だと思います。

やりたい仕事だから、辛いと思うこともないし、仕事がおもしろいと感じるので、自然とスキルアップにもつながるのです。やりたくもない正社員の仕事を辛い・・・と感じながら続けるよりも、やりたい仕事を選び、雇用形態にこだわらずにキャリアを積んでいくことができれば、その方が賢いかもしれないですね。

例えば、非正規社員として、やりたい仕事だけやり尽して、実務でつかえるスキルや経験を積み重ね、それを武器にして数年後に転職するというのも賢い転職の仕方だと思います。これからは正社員だろうが、契約社員だろうが、派遣やバイトだろうが、どれだけ実務で戦力になれるか?という点だけが重視されてくると思います。

まさに実力主義の時代が到来するのです。要するに、正社員で中身のない仕事を何年も続けてきた人よりも、非正規社員で、身になる仕事を続けてきた人の方が求められる時代になったということです。


スポンサードリンク



3、好きな仕事は社会人になってから見つかるもの!?

はじめて就職活動で、好きな仕事を見つけたいと希望される新卒者が多いですが、そもそも、その考え方に無理があるのです。社会人経験もないようなお尻が青い学生さんに、本当に好きなやりたい仕事を探せと言われても無理があるのです。

いくら会社訪問をしたところで、いくら説明会に出席したところで、見つけられるわけがないのです。学生時代にアルバイト経験をたくさんしていても、アルバイトと正社員はまったく異なるので、バイト経験が豊富だから、好きな仕事が見つけられるとは言い切れないのです。

つまり、本当に好きだと思える、やりたい仕事は、社会人になってから見つかるのです。どんな会社でも良いので、多少、興味や関心があるところに、とりあえず就職してみて、社会人として経験を重ねていくことで、本当にやりたいことが見えてくるのです。

だから、やりたい仕事が見つからないから、就職浪人をするなんて、ありえない選択なのです。せっかく新卒という最強の武器が台無しになってしまうのです。なんとしてでもストレートで社会人になって、仕事を最低でも2年以上続けて、そこから本当にやりたい仕事、好きな仕事を探せば良いのです。

仕事が合わない・・・辛い・・・なんて言う不満は、社会人になって給料分の仕事がこなせるようになってから、はじめて言える権利がもらえるのです。基本、どんなに優良企業や人気企業に就職しても、仕事の辛さは大差ないと思います。つまり、どんな仕事でもお金を稼ぐということは、辛いことも我慢しなければいけないのです。

それを学ぶのが社会人としての第一歩となるのです。20代後半や30代になって、本当に好きな、やりたい仕事をイキイキとしている人は、20代前半に辛くても仕事から逃げずに頑張った人達なのです。辛くても逃げずに自分で掲げた目標や課題を達成することができたから、本当にやりたい好きな仕事の転職できるキャリアやスキルを身に付けることができたのです。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る