仕事が合わない。辞める決断をしても良いケースとは?うつ病になる前に!ブラック企業?

仕事が合わない。辞める決断をしても良いケースとは?うつ病になる前に!ブラック企業?

スポンサードリンク



仕事が合わない。辞める決断をしても良いケースとは?

辞める決断

仕事を辞めない方が良いけど、辞めないとうつ病や体調不良になってしまう?

「仕事が合わない・・・辞めたい・・・」と思っても、できることなら仕事は辞めない方が良いでしょう。なぜなら、仕事を辞めるということは、それまでのキャリアを壊して、最初からやりなおさないといけないことになるからです。

積み上げてきたキャリアが全て無駄になるわけではないですが、転職先では、どんなにキャリアがあっても1からのスタートとなってしまうのです。つまり転職にはそれだけのリスクがあるということです。もし、今の会社に留まり、なんとか改善策を見つけることができるなら、辞めない方が良いでしょう。

転職をして失敗する確率の方が高いからです。しかし、辞めたい度合いによっても一概に転職しない方が良いとは言い切れない面もあります。例えば、あまりにも仕事で感じるストレスが強すぎて、精神的に不安定になってしまう場合です。

そのような状態で我慢し続けると、最悪、うつ病になったりストレスから体調不良になってしまう危険性があるのです。うつ病や病気になってしまえば、その後、働けなくなってしまうので、生活が成り立たなくなってしまうのです。

家族も心配させてしまうことでしょう。特に、うつ病はなりかけの時が肝心です。うつ病になってしまえば、治すことは難しくなりますが、うつ病になる一歩手前なら、休養をとることで、うつ病を回避することができるのです。

このような事情がある場合は、ストレスの原因となっている仕事から逃げ出して、休養をとって回復した後に転職することを選択するべきです。仕事が原因でうつ病になっても、会社はあなたのことを守ってくれません。解雇されてしまうだけです。


スポンサードリンク



在籍している会社や仕事の未来に期待が持てないなら転職すべき?

今、転職をするべきか?辞めずに留まるべきか?その答えを出すのは非常に難しい作業だと思います。これが正解という明確な答えがないからです。残念ながら、大半の会社員は、仕事をしているうちに「今の会社にいるべきなのか?今の仕事を続けるべきなのか?」といったことを考えず麻痺したような状態になっています。

そういったことを考えないで仕事をしていると、本当にお金のためだけに仕事を一生続けることになってしまうのです。だからいつになっても仕事にやりがいが持てず、不満が絶えないのです。楽しくて毎日がハッピーな仕事などありませんが、やりがいや目標が持てる仕事なら、退屈で辛い瞬間があっても乗り切ることができるのです。

つまり、在籍している会社や、担当している仕事に対して、未来に期待することができるのか?それを客観的に考えてみる必要があるのです。簡単には出せない答えですが、働き続ける限り、定期的に、客観視するべきなのです。

例えば、今の職場に憧れている先輩や上司がいるか?もし、いないなら、それは問題かもしれません。目指すところがないということは、今の仕事や会社が、あなたに合っていない可能性があるからです。そんなモチベーションで収入のためだけの仕事をしていても、将来的な昇進は期待できないでしょう。

なぜなら、先輩や上司に心から憧れている同期の社員が、どんどんあなたを追い越して出世していくからです。モチベーションの高さが違うのですから、当然の結果だと思います。心からの憧れが持てる尊敬できる、上司や先輩のいる会社に転職するというのも1つの賢い手段かもしれません。


スポンサードリンク



精一杯仕事をしているのに成果を出せない?

人の何倍も努力して、これ以上できないくらい精一杯仕事をしているのに、成果が出ない場合もあります。そのような場合は、今の仕事を続けていて良いのか?考えた方が良いでしょう。必死になって努力しても成果が出せない原因は、根本的にその仕事があなたに合っていないかもしれないからです。

もしかしたら、あなたにはもっと適した仕事があるかもしれません。適した仕事に転職することができれば、あなたの努力が報われて成果を出せるかもしれません。そうすれば、上司からもまわりの社員からも高い評価をしてもらえるかもしれません。そのような理想的な職場に転職すれば、精神的にも気持ちよく仕事ができることでしょう。

仕事量が限界を超えているのかもしれません。

仕事が合わない、辞めたいと思うのは、仕事量が限界を超えているからかもしれません。人件費削減のために、最低限の人材しか雇用せず、派遣やバイトで賄う企業が増えていく中、正社員の負担は限界を超えている可能性が高いのです。

いわゆる、ブラック企業と言われるほど、激務を強いられる正社員が増えているということです。自分のこなせる範囲の仕事量を把握できていない人は、連日の残業や休日出勤などで疲れ果てて、体調や精神を壊してしまった後になって「仕事量が限界を超えていたんだ・・・」と気付くのです。

そうなってからでは遅いので、もし、激務を強いられて、どう考えても仕事量が限界を超えているなら、会社に掛け合ってみましょう。掛け合ってみても人員を増やさないなどの態度なら、自分が壊れてしまう前に転職を考えてみるべきです。

社員を大切にしない会社に未来はないですからね。このような場合は、仕事が合わない、辞めたい・・・と思っても、それはあなたの怠慢でも甘えでもないので、絶対に自分を否定しないでください。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る