仕事が合わない辞めたいと思ってしまう4つの原因と対処法|適性が合っていない?!辞めない方が良い理由を探せ!

仕事が合わない辞めたいと思ってしまう4つの原因と対処法|適性が合っていない?!辞めない方が良い理由を探せ!

スポンサードリンク



仕事が合わない辞めたいと思ってしまう4つの原因と対処法

仕事が合わない辞めたい

@就職した仕事が適性に合っていない

そもそも、就職した仕事があなたの適性に合っていないと、数ヶ月もしないうちに働くのが辛くなってしまうのです。

「時間をかけて丁寧に正確性を重視して仕事をするのが得意」

「積極的に営業を仕掛けていくのが向いている」

「ルーチンワークを忍耐強くこなすのが好き」

などなど、働く人のタイプによって仕事の適性は異なるのです。だからこそ、就職や転職をする前に、自分の適性に合っているか?仕事を見極めるべきなのです。募集要項や面接だけでは本当の意味で現場の業務内容は分からないのです。

募集要項でも面接でも会社案内でも、仕事のメリットばかりが書かれているから、良い部分だけを見て働き始めてしまうのです。しかしデメリットのない仕事も職場も存在しないのです。そして、働き始めてからデメリットを痛感し、仕事が嫌になってしまうのです。

このようなことを避けるためには、仕事の現場を何度も訪問して実際の業務内容を自分の目で見たり、社員から話を聞くことが大切です。現役の社員から話を聞けば、仕事のデメリットを聞き出すことができるのです。

仕事の具体的なデメリットを把握しても、それでも自分の適性と合っていて長く働き続けることができると思えたら、就職すれば良いのです。このように慎重に仕事を選べば、就職後に、仕事が合わない・・・辞めたい・・・などと思わないのです。


スポンサードリンク



A仕事ができない、分からない原因は適性が合っていないのかも?

人の何倍も仕事をして、努力をしているのに、仕事ができない、分からないという方は、根本的に選んだ仕事の適性が合わないだけなのかもしれません。適性が合っていないから、どんなに努力をしても結果に結び付けることができないのです。

働いていてこれほど辛いことはないと思います。もし、就職後に「この仕事は自分の適性に合っていない」と気付いたら、その職場で無駄な時間を使うことはせずに、転職をするべきです。ただし、何も考えずに転職をしても、同じように適性に合っていない仕事を選ぶことになってしまうでしょう。

自分の適性を正確に把握していないから、ミスマッチの仕事を選んでしまうのです。まずは、落ち着いて冷静に自己分析をしてご自身の適性を探ってみましょう。もし、自力で適性を見つけることができないなら、転職エージェントなどのプロにお願いして、分析してもらうと良いでしょう。

転職エージェントのアドバイザーにお願いさうれば、すぐに適性診断をしてくれます。面倒ですが、しっかりと適性診断をして、自分の適性を理解した上で転職活動をしないと、同じことの繰り返しとなってしまうのです。


スポンサードリンク



B入社した時の気持ちを思い出してみる

もし、あなたがしっかりと考えて今の会社の希望して入社したのなら、なにかしらの魅力を感じたのではないでしょうか?だから星の数ほどある企業から、今の会社を選んだのだと思います。しかし、働いてみると、仕事の辛さや人間関係の厳しさや社会人としての洗礼に嫌気が差してしまうこともあるでしょう。

まして、期待していた仕事とは程遠いと感じるなら、仕事を続けること自体が辛く感じてしまうことでしょう。しかし、それはどの会社に転職しても同じことが起こると思います。新卒で1社でしか働いた経験がない方は、他の会社が魅力的に見えるかもしれません。

友達や同級生の会社が羨ましいと感じるかもしれません。しかし、そのように感じるのは「隣の芝生は青く見える」からなのです。羨ましく見える友達の会社でも、話を聞いてみると、同じように辛さや苦しみを抱えているのです。

会社という組織で働く限り、すべてが問題なく幸せで楽しくて仕方がないなんて人は1人もいないのです。働いている限り、誰でも1つや2つの悩みや問題を抱えながら、それでも組織の中でやりがいや目標を見つけて、かじりついているのです。

くじけそうになったら、入社した時の希望に満ちあふれた自分を思い出してください。初心にかえることで、どんなに辛い仕事でも心が折れそうでも、希望を持って再スタートすることができるのです。どんな仕事でも考え方を1つ変えるだけで、新入社員の頃のように、希望を持つことができるのです。

ポジティブに仕事ができるようになると、まわりからの評価も変わるので、どんどん仕事が楽しくなってくるのです。

C辞めない方が良い理由を探してみましょう

どうしても今の仕事が合わない・・・辞めたい・・・と思ったら、辞めない方が良い理由を探してみましょう。気持ちが辞めたいモードになっていると、とにかくすぐに逃げ出して解放されたいと強く思って、勢いで辞めてしまうのです。

しかし、冷静になってみると、無計画に辞めたことを後悔してしまうのです。ですので、辞めたい気持ちはそのまま放置して、いったん隅っこに置いておいて、辞めない方が良いと思える理由を探してみましょう。

例えば、

「貯金がないから転職先が見つからないと家賃が払えなくなり住むところを失う→ホームレスになるかも?」

「次の仕事が見つからなければ、住宅ローンも教育費も払えない」

「転職活動に失敗すればブラック企業に就職してしまうかもしれない」

などなど、転職につきまとうリスクはきりがないほど出てくるのです。このように辞めない方が良い理由を探し出して、リアルに考えてみると、今すぐに仕事を辞めたいという気持ちを弱めることができるのです。

スポンサードリンク





合わない 安定しない 安定剤 甘え 朝早い 焦る